JMウェストン6足〜ラスト11と21と22と31と41を比較
”2018年4月22日”

JMウェストン6足(#180、#641、#598、#576、#376×2)_9

越石です。

新たにJMウェストンの576を手に入れました。そしたらやる事はひとつです。

そう、並べる事です。

そういうわけで、JMウェストン6足を並べました。恒例の並べただけシリーズです!
ついでに所有するJMウェストンのラストごとのサイズ感なんかもまとめてみました。

それでは張り切ってどうぞ。

 

JMウェストン6足(#180、#641、#598、#576、#376×2)

JMウェストン6足(#180、#641、#598、#576、#376×2)

左上から時計回りに、376のブラック、598ロジェ、641ゴルフ、180ローファー、新たに手に入れた576、376のブラウンです。

6足中3足がフルブローグ

JMウェストン6足(#180、#641、#598、#576、#376×2)_4

なんだかんだでフルブローグ(ウィングチップ)が6足中3足になっちゃいました。フルブローグの呪いとはなんだったのか。
※過去にフルブローグだけで11足購入し、9足手放しています。

旬は180ローファー?

JMウェストン6足(#180、#641、#598、#576、#376×2)_6

こちらのJMウェストン6足ですが、全部お気に入りです。ただ敢えて言うなら今の旬は180ローファーでしょうか。

JMウェストン6足(#180、#641、#598、#576、#376×2)_5

でも新たに手に入れた576も履いてみたら思った以上にかっこいいですし、ゴルフはやっぱり超お気に入りですし、598は万能で大好きですし、376の2足はフルブローグの呪いを解いてくれたほどのお気に入りですし、と全部最高です。

JMウェストンのラスト毎のサイズ感

ラスト11、ラスト21、ラスト22、ラスト31、ラスト41のサイズを比較

JMウェストン6足(#180、#641、#598、#576、#376×2)_7

型名ラストサイズサイズ感
376ラスト118D
8.5E
超タイト
ユルユル
598ラスト217Eジャスト
576ラスト22 7.5C超絶タイト
 ゴルフラスト317D超絶タイト
180ラスト41 6.5E超タイト

サイズ感は上記のような感じです。あくまで私個人のサイズ感なんで、しっかりお店でフィッティングすることをお勧めします。そんな前提の上で各ラストのサイズ感です。

ラスト11

ラスト11の376(8Dと8.5E)ですが、8Dのブラウンは超タイトで、8.5Eのブラックはかなり緩いので、おそらく8Eくらいがジャストかもしれません。このラストは8Dで超タイトと言うことでもわかる通り、ゴルフのラスト31と比べると、かなりタイトなラストだと思われます。伊勢丹メンズ館の店員さんが難しいラストだと言ってました。ちなみに8DのブラウンはスタジオCBRさんでしっかり試着の上購入していますが、8.5Eのブラックはネットで購入です。状態は非常に良いのですが、サイズは微妙でした。とにかく、いつかちゃんとフィッティングして購入したいです。

ラスト21

ラスト21の598(7E)はジャストフィットです。ボールジョイント部分はむしろタイト目です。つま先はシャープなデザインですが、踵は深く、個人的には非常に履きやすい一足です。私の場合ゴルフとほとんど同じサイズ感ですが、7Dだと羽根がかなり開いてしまうため、ウィズ上げか、ハーフサイズアップの7Eか7.5Dがちょうど良さそうです。

ラスト22

そして今回新たなに手に入れたラスト22の576(7.5C)ですが、先の記事の通りめっちゃタイトです。超絶タイトです。ゴルフの履き始めと同じ感じでしょうか。ダブルソールでソールでソールの返りが硬く、踵が浅いのも特徴です。ただこの576は中古にはなりますが、ソールやインソールの状態からも使用回数は1〜2回と思われますので、沈み込みもまだまだこれからで、履き込むことで馴染んでくると考えられます。

ラスト31

ラスト31のゴルフ(7D)は青山店でしっかりフィッティングしています。その上で超タイトです。めっちゃタイトです。このラスト31のゴルフですが、最初に店員さんが持ってきたサイズは5.5Eで、とてもじゃないけど履けませんでした。思い込みなんかではなく本当に典型的な甲高幅広なんです。で、最終的に7Dに落ち着きましたが、それでも履き始めは超絶タイトでしたし、一年履いた今でも超タイトです。

ラスト41

ラスト41の180ローファーも青山店でしっかりフィッティングした上で購入して6.5Eに落ち着いています。ゴルフよりフィッティングに時間かかりましたし、色んなサイズを履いてみました。小さくすると履き口が笑うし、大きくすると踵が浮くので、色んなサイズで色んなウィズを試しました。紐である程度調整が効いてしまう紐靴と違い、ローファーは甲と踵で履きますので、必ず試着を推奨します。明言します。このブログの私のサイズ感はあてになりません。

JMウェストン6足(#180、#641、#598、#576、#376×2)_TOP画像

繰り返しますが、あくまで私個人のサイズ感になります。私は典型的な甲高幅広で、足長を基準にした場合はもっと小さいサイズを履いている人もいるでしょう。ですので自分の足に合ったサイズを探すためにも、しっかりしたフィッティングを推奨します。試着せずに購入したブラックの376のようなギャンブルはお勧めしません(笑)

まだまだ欲しいJMウェストン

JMウェストン6足(#180、#641、#598、#576、#376×2)_3

そんなわけでなんだかんだ最近はJMウェストンばかり買ってますね。ウェストンのクラッシックラインはオンオフに使えそうなデザインが多くて魅力的です。セミブローグの310も欲しいですし、フルブローグの588も欲しいですし、ローファーと598のブラウンも欲しいですし、ゴルフのグレインレザーも欲しいですし、何より376の黒をちゃんとフィッティングして購入したいですし、まだまだ欲しい靴がいっぱいです。まぁ当面無理ですけど、ボチボチ集めたいです。

 

JMウェストンの購入はこちら(楽天)

JMウェストンの購入はこちら(Amazon)

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。