JMウェストンのローファー全4足(黒・タン・バーガンディ・ダークブラウン)を並べる

[記事公開日]2019/04/21

JMウェストン#180シグニチャーローファー4足(ブラック、タン、バーガンディ、ダークブラウン)_トップ画像

越石です。

そういうわけで並べました。

ダークブラウンのJMウェストン180ローファーを購入しましたので並べました。

黒、タン、バーガンディ、ダークブラウンとローファーだけで色違い4足になりましたので並べました。

恒例のやつです。

 

JMウェストン180ローファー全4足(黒・タン・バーガンディ・ダークブラウン)

JMウェストン#180シグニチャーローファー4足(ブラック、タン、バーガンディ、ダークブラウン)の画像1

こちらが所有するJMウェストン180ローファー全4足です。左から新たに購入したダークブラウン、タンブラウン、バーガンディ、黒になります。

JMウェストン#180シグニチャーローファー4足(ブラック、タン、バーガンディ、ダークブラウン)の画像2

いや〜壮観です。当たり前ですけど色違いで4足も購入したのは、このJMウェストンのローファーだけです。それくらいハマったということです。靴にハマった当初は「ローファーは買わないだろうな」なんて思ってましたが、まさかのハマり具合です。

なぜJMウェストンのローファーにハマるのか?

永遠の定番

JMウェストン#180シグニチャーローファー4足(ブラック、タン、バーガンディ、ダークブラウン)_フラワー画像

何にハマったって、まずはそのオーソドックスでクラシカルなデザインです。ど定番ってやつです。誕生から70年以上も変わらぬそのスタイル。おそらく100年経っても変わらないんじゃないでしょうか。時代や流行に左右されない永遠の定番品は少しくらい高くても結果として永く使えます。

何にでも合うデザイン

JMウェストン#180シグニチャーローファー4足(ブラック、タン、バーガンディ、ダークブラウン)_の画像3

そして、オーソドックスなデザインだからこそ何にでも合うんです。ジャケパンスタイルやセットアップ、カジュアルならジーンズ、チノパンと大体いけちゃいます。私の場合、オンオフカジュアル中心なんで本当になんでもいけちゃいます。

脱ぎ履きが楽ちん

JMウェストン#180シグニチャーローファー4足(ブラック、タン、バーガンディ、ダークブラウン)_の画像4

あとは脱ぎ履きが楽ちんです。さっと履いてさっと脱げます。紐靴だとこうはいきません。保育園の送り迎えで「はぁ、靴を脱ぐのか・・・」と憂鬱になることもありません。

履き心地は良いのか?

JMウェストン#180シグニチャーローファー4足(ブラック、タン、バーガンディ、ダークブラウン)_の画像5

しかし、履き心地が良く、歩きやすいかと言えば、正直そこまでではないかもしれません。ローファーは紐で微調整できないぶん、甲と踵でホールドする必要があるためフィッティングが相当シビアです。JMウェストンの場合、ジャストサイズを提供するために、全長だけでなく、幅(ウィズ)も細かく選べる反面、選択肢が多いぶんマイサイズが何なのか悩みます。キツ過ぎて挫折したり、馴染み過ぎて踵が抜けたりと、購入のたびにサイズを変える人もいるようです。私もその一人で、ダイエットで痩せた影響もあり、青山店では1度目と2度目の購入でサイズを変えています。

それぞれのサイズ感(購入順)

そんなわけで、これまで購入したJMウェストン180ローファーのそれぞれのサイズ感です。全て購入時の写真にしてみました。

黒のローファー(J.M.WESTON #180 BLACK)

JMウェストン 180 ローファー(J.M.WESTON #180)_2

まずは黒のローファーです。初めてJMウェストン青山店でフィッティングをしてもらい、ローファーを購入しました。その時は悩みに悩んだ末、6.5Eにしました。履き始めはかなりタイトで通勤電車の中で涙を流したものです。しかし履きこむにつれ馴染み、さらにその間15キロ近く痩せたことで、思った以上に緩くなってしまいました。あんなにきつかったのに今やインソールも検討中です。

タンブラウンのローファー(J.M.WESTON #180 TAN BROWN)

JMウェストン180ローファーのタンブラン(JM WESTON#180 TAN BROWN)

次に購入したのはタンブラウンのローファーです。こちらは高円寺のサファリで状態の良い中古品を購入しました。サイズは7Dで、黒に比べハーフサイズ大きくなりますが、ウィズは6.5Eとあまり変わらないためか普通に履けています。個体差もあるのか、むしろ現状は黒のほうが緩く感じるほどです。ちなみにベリーショートの靴下でなければ、黒もタンブラウンも問題なく歩行できます。ベリーショートの靴下は緩いとズレまくるのでストレスになります。

バーガンディのローファー(J.M.WESTON #180 TOUCAN BOXCALF)

JMウェストン #180 シグニチャーローファーのバーガンディ(J.M.WESTON #180 TOUCAN BOXCALF)

そして痩せてからあらためてJMウェストン青山店で購入したのが、このバーガンディのローファーです。もちろんフィッティングもし直した結果、サイズは黒の6.5Eからハーフサイズ下げた6Eになりました。これも履き始めは黒以上にタイトでしたが、10回程度でかなり馴染み、20回程度履いた現状では最高の履き心地になっています。一番です。このサイズ感が続くことを祈るばかりです。あと一見派手目の色は意外にも何にでも合うので重宝します。

ダークブラウンのローファー(J.M.WESTON #180 DARK BROWN)

ダークブラウンのJMウェストン(J.M.WESTON)#180ローファーの画像

そして新たに購入したダークブラウンのローファーです。こちらは中央林間のアールビーネットさんで未使用品を購入しました。サイズは黒と同じ6.5Eです。
そうなんです。今のところ最高の履き心地であるバーガンディの6Eよりハーフサイズ大きいことになります。
ですが、状況が違います。太っている状態で履き慣らしたものと、痩せている状態で履き慣らしたものが、同じ馴染み方をするはずがありません。ダークブラウンの購入記事でも書きましたが、「私の足」という言わば「ストレッチャー」のサイズや重みが違うわけですから、当然伸びたり沈んだりする量も違うはずです。そんな期待をしています。これも書きましたが、最悪インソール入れればいいかと考えてます。だって格安の未使用品で欲しかったダークブラウンが手に入ったんですから。
あ、ちなみにお気づきの方もいるかも知れませんが、タンブラウンのシューツリーをダークブラウンに入れ替えています。どうしても状態の良いほうを贔屓しちゃいます。シューツリーだけ買い足そうかな。

他の色ち買いの予定は?

JMウェストン#180シグニチャーローファー4足(ブラック、タン、バーガンディ、ダークブラウン)_フラワー2

黒、タン、バーガンディ、ダークブラウンときて、あとはネイビーやグリーンなどのラインナップがありますが、私にはネイビーやグリーンはコーディネートが難しそうですので、一旦は静観です。ネイビーのローファーは靴単体で見るとかっこいいので、ついつい手が出そうになるんですが・・・ネイビーの588の二の舞(合わせられなくて手放しました)にならないようにしないと勿体ないです。

最後に

JMウェストン#180シグニチャーローファー4足(ブラック、タン、バーガンディ、ダークブラウン)_の画像6

そんなわけで、恒例の並べたシリーズでした。これで週4でJMウェストンのローファーが履けます。やったぜ。
もちろんローファーだけでなくJMウェストンも全部並べるつもりですが、ゴルフを純正の修理(トップリフト交換)に出しているので、当面お預けです。

 

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。