さっそくニューバランスM996を鉄板コーデで履く
”2018年11月9日”

越石です。

金曜は雨です。小雨です。

そういうわけで、さっそく雨用に購入したニューバランスM996の出番です。

新品で購入して、翌日雨の日に履くというのは若干の躊躇はありましたが雨用で購入ですもんね。

 

ニューバランスM996を履き下ろし~鉄板コーデ

ニューバランスM996 GY(グレー)のコーデ画像

これっすよね。このスタイルです。アンクル丈のテーパードでちょっと細身のパンツにグレーのニューバランスM996です。鉄板のコーデです。よく見るやつです。これで私もお洒落さんの仲間入りです。足元だけ。

ニューバランスM996 GY(グレー)のコーデ画像_横から

ニューバランスM996(スニーカー)と言えば横からのアングルです。なかなか撮影が難しいです。何故か後ろからのアングルになってしまいます。難しいです。にしても横から見ると絶妙な配色なのがわかります。スエードのグレー、メッシュ部分のカーキ、ベージュ、薄い黄色に、ソールの白、そしてシルバーのNマークやヒールパッチがアクセントになっていてかっこよすぎです。

ニューバランスM996 GY(グレー)のコーデ画像_上から

ちなみにベロにはアメリカ製である証として「MADE IN U.S.A」の文字が刻まれています。でも絶対誰も見てません。というか見えません。自己満足の世界です。

ニューバランスM996の履き心地

さて、そんなニューバランスM996の履き心地ですが、軽くて柔らかくてクッションも程よくいい感じです。サイズは26.5cmにしましたが、ばっちりですね。バッチリチリ足です。やっぱたまに履くスニーカーもいいもんです。足に優しさを感じます。右足の小指が癒やされます。

アディダスのスタンスミスと比較

私が比較出来るスニーカーであるスタンスミスと比べても、断然クッション性が高くて歩きやすいです。M996に比べてスタンスミスは、ソールが固いのか薄いのか、地面からの振動や硬さがダイレクトに伝わってくる印象です。意外と歩き疲れします。

アジア製のMRL996はもっと軽い?

ちなみにアジア製のMRL996はソール部分の軽量化がしてあるといいますが、普段革靴ばかり履いてる身としましてはこのM996も重さなんて微塵も感じません。むしろMRL996ってどんだけ軽いんですか。

そんなわけで、ニューバランスM996のファーストインプレッションでした。防水スプレー買っとけば良かった・・・

 

 

 

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。