「リゾルト712」をZABOU TOKYOさんでシュッと購入!【2本目】

[記事公開日]2019/02/07[最終更新日]2019/02/20

まいど!ミーハーの越石です。

そういうわけでリゾルト712(RESOLUTE #712)を購入しました。デジャヴじゃありません。2本目の購入です。デヴがちょっと(-15キロ)痩せたので買い直したわけです。

それではおさらい含めて以下詳細です。

 

リゾルトとは?

まずはおさらいです。皆さんご存知の通り、リゾルトとは、国産のデニム業界で長年デザイナーを務める林 芳亨(はやし よしゆき)さんが2010年に新たに立ち上げた国産ジーンズブランドです。

ドゥニームの元デザイナー

そんな林さんはあの「ドゥニーム」のデザイナーだったようです。ドゥニームは高校生の頃にはまり、3本程購入した思い出があります。ジーンズの魅力やジーンズを育てるという事に目覚めたのがまさにドゥニームでした。そんなこともあり、林さんのブランドに巡り巡って戻ってきた感があります。どおりで惹かれるわけです。

メイドインジャパンにこだわるリゾルト

リゾルトのジーンズはメイドインジャパンにこだわり、織布、染め、縫製、仕上げまで、全て国内(中国地方、備後地区)の熟練のデニム職人によって生産されているようです。
生地はこれぞデニムというごわっとした厚めの生地。こういうのを自分色に育てるのがジーンズの楽しみです。それこそドゥニームを穿いていた頃は「このヒゲ最高だろ」なんて自己満足に浸っていたのを思い出します。あの頃のように毎日ジーンズ、寝る時もジーンズなんてバカな事はやりませんが、じっくり育てたいです。

リゾルトと言えばパラブーツ

そしてリゾルトの林さんと言えばパラブーツのシャンボードを履いていることでも有名です。そう言えば私もパラブーツのシャンボードを買う際、林さんのブログを見てました。ジーンズと共に使い込まれたシャンボードが素敵です。

リゾルト712×パラブーツシャンボードの足元コーデ画像

前回の購入時もそうだったのですが、今回もシャンボードでお店に行きました。たまたま雨が降っていたのでシャンボードなのでした。そして上の写真はリゾルト712とシャンボードを合わせてみたものです。

リゾルト712×パラブーツシャンボードの足元コーデ画像2

これもうあれです。バッチリチリ足ってやつです。

リゾルトのラインナップは4モデル

リゾルトのラインナップは「710」「711」「712」「713」の4つです。

定番の『リゾルト710』

710はリーバイスの「66」モデルがベースの定番モデル。基本の細身のストレートです。

太めの『リゾルト711』

711はリーバイスの「XX」モデルをベースにした、やや太めのストレートです。

テーパードの『リゾルト712』

712は、リーバイスの「505」をベースにし、股上をやや浅めにして膝から下にテーパードをかけたモダンなモデルです。710や711がボタンフライなのに対し、712はジッパーフライになります。また710と違い、生地にはヨレ防止のための防縮加工が施されており、生地表面の毛もあらかじめ焼いてあるので、710などに比べ少し色落ちが早く、「ねじれ」もないそうです。

股上の浅い『リゾルト713』

713は710の股上をやや浅めにしたモデル。

 

以上となりますが、リゾルトがこの4つのみのラインナップにこだわるのには訳があるそうです。それは「何年経っても手に入る理想の定番を作り続けたい」からだそうです。また同じ形のジーンズが欲しいと思った時、10年後も20年後も買えるようにしたいそうです。

2本目の「リゾルト712」を購入

なぜまたリゾルトを?

もちろんジーンズは持ってます。現在よく穿いているのはACNE JEANS(現Acne Studios)で、質も形も良いのですが、ひとつだけ欠点があります。

実はウエストが緩いのです。

ベルトでキュッと締めると、ウエストから股間に入る皺が気になります。

そして以前購入した1本目のリゾルト712はもっともっとブカブカで穿けたものではありません。しかも丈も短い。切り過ぎました。けっきょく買ってから数回しか穿いてません。そんなわけで今回あらためてフィッティングをして、ちゃんとサイズの合ったリゾルトを購入しようと思った次第です。

「ZABOU TOKYO」さんで購入

購入は渋谷にある「ZABOU TOKYO(ザボウ トウキョウ)」さんです。原宿にある勤務先から歩いて18分、最寄りの渋谷駅からでも11分という微妙な場所にあるので、会社から18分歩きました。ちょうどいい運動です。

ZABOU TOKYO店内に置いてあるリゾルト達

ZABOU TOKYOさんではリゾルトの取り扱いに力を入れているようで、モデルごとのサイズやレングスも在庫が豊富なようです。あと当日と前日で2人の店員さんに接客してもらいましたが、2人とも関西弁でした。ついついつられて、私も関西弁(三重出身)が出そうやった。

▼ZABOU TOKYO住所

住所東京都渋谷区神南1-5-2 川村ビル2F
TEL03-3461-7773
URLhttps://zabou.org/

その他のリゾルト取扱店はこちら

712と710で迷う

リゾルト712(RESOLUTE#712)の画像

冒頭の通り、購入したのはこちらの「リゾルト712」になります。しかし定番の「710」とも迷いました。それこそ2日も悩みました。
まず購入の前日にZABOUさんで712と710を試着するも、その場では決められず一度退散しています。そして翌日、もう一度試着を繰り返し、小一時間ほど悩んだ末にけっきょく712にしました。サイズを変えて2度目の購入です。せっかくなんで710にも挑戦したいという気持ちと、けっきょく穿けてない712をリベンジしたいという気持ちの間で揺れましたが、やはりテーパードのかかった712のシルエットに惹かれリベンジ(買い直し)という形になりました。ある意味初志貫徹です。710も悪くはなかったのですが、少しムチムチ感が気になりやめました。穿き込めばムチムチ感も和らぎ、シルエットも変わるのでしょうが、短足の私には712が無難です。

リゾルト712のサイズ感は?

リゾルト712(RESOLUTE#712)のサイズW32/L29

サイズでも迷います。店員さんが見てくれたサイズは710がW32(L28)、712もW32(L29)でした。しかし両方ともキツい。ありえないほどキツい。しかも710はなんとか入りましたが、712のW32は入りません。デカいお尻が引っかかります。そこでW33も穿いてみますが、ウエストには拳一個分、モモにも少し余裕があるとのことです。初日はこんな感じで一旦退散し、翌日もう一度穿いてみます。前述した通り710はムチムチ感が気になり、最後は712に絞りますが、念のため前日入らなかったW32にも再挑戦してみますが・・・

あれ?入ります。

かなりキツいですが、穿けてしまいました。念の為フィット感を店員さんに確認してもらったところ、これくらいがベストとのこと。W33に比べ32はお尻がシュッとしてかっこいいとのことです。リゾルトの林さんも「他人から一番見られるお尻のシルエットが重要」だとおっしゃっているそうで、確かにデカい尻がシュッとしているような気がしないでもないです。あとは穿き込むことである程度伸びることも見込んでW32に決めました。もうブカブカなのはこりごりです。ちなみに以前購入した712はW36でしたので、一気に4インチ下げたことになります。どんだけ太ってたんだよ・・・維持しなきゃ。繰り返しになりますが15キロ近く痩せてます。

レングスが選べるようになったリゾルト712

リゾルト712(RESOLUTE#712)の後ろの画像

ちなみに712のレングスは29になります。もともとL33しかラインナップのなかった712ですが、2017年の7月にL29と33が追加されたようです。
しかし以前購入した「二子玉川の麻布テーラー」さんではL31しか在庫がなかったのですが、ZABOUさんではL29も在庫していました。これで裾直しの必要がありません。感謝です。3~4cmくらいのロールアップを前提にしていますので、L29ならくるぶしが出る丁度良い丈感です。

以前購入したW36の712と比較

リゾルト712(RESOLUTE#712)のサイズW32とW36を比較

ウエストの幅を比較した写真

以前購入した「W36の712」と「W32の712」を比較してみました。明らかにサイズが違います。

リゾルト712(RESOLUTE#712)のサイズW32とW36を比較2

ウェストの位置を合わせて丈の長さを比較した写真

しかもW36のほうは裾を切り過ぎてかなりレングスが短くなっているのがわかります。もう色々と失敗しています。実は買った時からブカブカでした。裾も短く切り過ぎたと思っていました。でも失敗したことを認めたくなかったんです。認めたくないものだな、自分自身の、若さ故の過ちというものをなんです。若くはないですけど。
ちなみに今回のサイズ感なら以前の体重でもW34(W35はラインナップに無い)が入っていた可能性はあります。そんなこともあって今回ZABOUさんでフィッティングしてもらって良かったです。

リゾルト712コーデ

リゾルト712×ループウィラーのネイビーパーカー

リゾルト712とループウィラーのパーカーのコーデ画像

さっそくリゾルト712を穿いてみました。シュッとしてますでしょうか?
トップスはループウィラーでネイビーのパーカー(LW290)です。ループウィラーのパーカーやスウェットにはリゾルトのジーンズが似合うはずです。インスタ映え間違いなしのやつです。靴はもちろんJMウェストンのローファー。バーガンディのニクい奴です。

リゾルト712のお尻の画像

せっかくなんでお尻も撮ってみました。シュッとしてますでしょうか?

リゾルト712の横からの画像

横からも撮ってみました。お、なんかお尻がシュッとしてる気がします。

こうして穿いてみると意外とキツさも感じません。いい感じです。ただポケットに手を入れるのが固くて大変でした。ちなみに普通にベルトするの忘れてます。林流です。当分は必要なさそうです。

最後に

そんなわけでリゾルト712を買い直すという、いつも通りのバカやってます。今度こそ時間をかけてちゃんと育てていこうと思います。そして710にも挑戦したいです。

最後にZABOU TOKYOの店員さん、閉店間際なのにもかかわらず丁寧に丁寧に接客頂きありがとうございました。また伺います。

リゾルト(RESOLUTE)ジーンズ Lot 712

価格:22,680円
(2019/2/7 18:48時点)
感想(1件)

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。