エドワードグリーンのカドガンとジーンズと私
”2017年7月21日”

越石です。

今日はカジュアルフライデー、そういうわけで、ジーンズに先日購入したエドワードグリーンのカドガンを合わせてみました。

 

エドワードグリーンのカドガン×ジーンズ

エドワードグリーン カドガンのジーンズコーディネート

いけるやん。全然問題なくいけるやん。むしろいけるやん。

エドワードグリーン カドガンのジーンズコーディネート2

ジーンズにこういったドレス系のシューズはあまり合わせた事がなかったのですが、カジュアル寄りのセミブローグならジーンズにも合いそうです。さらにラスト202のクラシカルな丸いデザインもジーンズとの相性が良さそうです。今風に言うなら「バッチリチリ足」です。

エドワードグリーン カドガンのジーンズコーディネート3

カジュアルだけど綺麗目です。カジュアルフライデーにはちょうど良い感じです。

カドガン用のシューツリーが欲しい

こちらのエドワードグリーンのカドガンですが、購入してから2回目の登板となりますが、今日少し強引に履いたのには訳があります。

エドワードグリーンのカドガン(EDWARD GREEN CADOGAN #F202 Black)

エドワードグリーンのカドガン(EDWARD GREEN CADOGAN #F202 Black)

上の写真を見て分かるでしょうか?

そう、どう見てもロイドフットウェアの靴です。このラスト202の「ザ・英国靴」というクラシカルなスタイルは、ロイドフットウェアのデザインコンセプトそのもので、そこにロイドフットウェアのシューツリーを入れてしまうと普通にロイドフットウェアの靴に見えてしまいます。それ自体は別に悪いことじゃないんですけど、せっかくなんで別のシューツリーを探すべく今日は履いてきたわけです。実際にしっかり合わせたいですからね。

ロイドフットウェアのシューツリーは優秀

ロイドフットウェア純正木製シューツリー

ロイドフットウェア純正木製シューツリー

ただ、このロイドフットウェアのシューツリーは履き皺が本当によく伸びます。チェスナットとダークオークのドーバーにはエドワードグリーン純正のシューツリーを使用していますが、正直ロイドフットウェアのシューツリーのほうがフィット感が優秀です。エドワードグリーン純正のシューツリーは履き皺が全然伸びません。ですので黒のドーバーにはあえてロイドフットウェアのシューツリーを使用しています。それくらい優秀なのがロイドフットウェアのシューツリーなんです。どうやら製造元はDASCO(ダスコ)らしいのですが、同じようなデザインのシューツリーが売ってないんですよね・・・(爪先は一緒で踵のデザインがしょぼいバージョンならある)

そういうわけで、もしフィット感の良いシューツリーが見つからなければこのままロイドフットウェアのシューツリーの可能性も大いに有ります。良いシューツリーが見つかるといいな。

【新品 EG084】【リジェクト品につき格安】エドワードグリーン カドガン ブラック カーフ Eウィズ 202ラスト UK7(25.5cm) ストレートチップ セミブローグ ビジネスシューズ メンズ靴 紳士靴 EDWARD GREEN CADOGAN BLACK CALF

価格:129,600円
(2017/7/6 11:46時点)

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。