チャンピオン×SHIPS「スウェット型Tシャツ」と定番「T1011」を購入

[記事公開日]2019/05/24[最終更新日]2019/05/25

チャンピオン×SHIPS別注「スウェット型Tシャツ」のTOP画像

越石です。

そういうわけで、チャンピオン×SHIPSの「スウェット型Tシャツ」「定番のT1011(ポケット無し)」を購入しました。

すでに真夏日ですが、夏に向けて着々とワードローブを拡充中です。

そんなわけで以下詳細です。

 

チャンピオン×SHIPS別注「スウェット型Tシャツ」

チャンピオン×SHIPS別注「スウェット型Tシャツ」の画像

まずはSHIPSがチャンピオンに別注をかけた「スウェット型Tシャツ」です。先日二子玉川のbeamsでループウィラーの半袖スウェットTシャツを買ったあと、ぶらっと寄ったSHIPSで一目惚れして買っちゃいました。

一目惚れした3つの理由

①スウェットのようなV字ガゼット

チャンピオン×SHIPS別注「スウェット型Tシャツ」のV字ガゼットの画像

まずこのV字ガゼットに惹かれました。かっこいいですよね。

②袖と裾の太めのリブ

太めの裾リブの画像

次に袖と裾にあしらわられた太めのリブです。とくに裾のリブは腰をキュッと見せてくれる効果があるので好きです。あとかわいいですよね。おっさんだけど。

③絶妙なサイズ感

チャンピオン×SHIPS別注「スウェット型Tシャツ」の上半身の写真

そして最後はサイズ感です。Mサイズを試着したら身幅や着丈がばっちりだったんです。結局これが一番重要ですよね。
ちなみに世間で流行っているビッグシルエットは私がやるとただのサイズが合ってない人になってしまいます・・・

チャンピオンといえば袖のロゴマーク

チャンピオンの袖に付いたロゴマークの画像

チャンピオンのTシャツといえばこの袖に付いたロゴマークです。このロゴマークにより「越石さんはTシャツにもこだわっているんだな」とさり気なくアピールすることが出来る優秀なやつです。定番ブランドの良いところです。

綿100%の生地

素材は綿100%で、毛羽立ちが少なめな「三子糸」という三本の糸を撚り合わせたが糸が採用され、しなやかな風合いが特徴となっているそうです。
※最初ヘビーウエイトって書きましたが、着てみると意外に薄いかもしれないです。首回りや裾のリブがヘロヘロにならないか耐久性が気になるところです。

着てみました〜全身写真

チャンピオン×SHIPSの「スウェット型Tシャツ」×リゾルト710のコーデ画像

こちらが着てみた写真です。ほんといつも恥を忍んで公開しております。おっさんが着るとこうなるという貴重なサンプルとご理解ください。で、こちらのTシャツですが、昨今の流行であるビッグシルエット寄りみたいではありますが、私は身幅、着丈共にジャストなサイズ感のものを選択しました。白もあったので追加で買っちゃいそうです。


チャンピオンの定番Tシャツ「T1011」ポケット無し

黒のチャンピオンT1011コーデ

チャンピオンT1011×ベージュチノパンのコーデ画像

次にチャンピオンの定番Tシャツである「T1011」のポケット無しも買いました。こちらは古着です。渋谷のアーバンリサーチでループウィラーの半袖スウェットを試着し、一旦頭を冷やそうと入ったすぐ近くにあったRAGTAG渋谷さんで見つけて衝動買いです。
通常のT1011にはポケットが付いていますが、こちらはポケット無しバージョンです。

そんなわけでチャンピオンのTシャツ2枚でした。
ちなみに今週末は5月にして30度を超える予想みたいです。この勢いだと6月は35度、7月は40度、8月には45度、9月なんかはもうアレと、気温が青天井になる可能性も否めません。やばいです。熱中症には気をつけましょう。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。