Mシリーズのフルブローグ(ロイドフットウェア)を履き下ろし
”2018年1月6日”

越石です。

そういうわけで、5日から仕事始めでした。さっそく外出がありましたので、先日のロイドフットウェアのセールで手に入れたばかりのMシリーズのフルブローグを履き下ろしました。

仕事始め&外出ですけど、新しい靴を履いてテンション上げてきます!
※体調不良で早退しました・・・

 

Mシリーズのフルブローグ×スーツ

ロイドフットウェア Mシリーズのフルブローグとスーツ

あら〜いいですねぇ〜
スーツに黒のフルブローグは良く合います。

バッチリチリ足です!

あ、出ました今年初のバッチリチリ足。新年早々幸先が良いです。

Mシリーズの履き心地は?

さて、Mシリーズの履き心地ですが、先のブログの通りこのMシリーズは、同ブランドのVシリーズやマスターロイドに比べ小さめと言われており、Vシリーズやマスターロイドのマイサイズが7.5Eに対し、ハーフサイズ上げた8Eを購入しました。で、すこし歩いた感じですが、一言で言うとけっこうタイトです。主に足の甲部分が締め付けられるようです。ラスト的に甲が低いのかもしれません。あとは今のところ小指が当たるとか、踵が抜けるとかありません。すこぶる快調です。8Eで正解っぽいです。

あとレザーソールですが、私と同じく全く滑らないです。マスターロイドと比べても滑らないですし、レザーソールだと言うことを忘れるくらいのグリップがあります。
※ただし同じマスターロイドでもウェルハムは滑らないのですが、スーリーは滑りやすいとかありますので、個体差や生産時期によって異なるかもしれません。

履き皺は?

ロイドフットウェア Mシリーズのフルブローグの履き皺

履き皺も今のところいい感じです。ただ、一回履いただけでは参考になりませんので、履き込んだらあらためてレビューしたいと思います。

※ちなみにインフルエンザでした・・・

ロイドフットウェアの購入はこちら

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。