革靴が雨に濡れてしまったので「革靴の雨の日のお手入れ」方法を備忘録
”2015年2月26日”

越石です。

そういうわけで、今日は生憎の雨模様。

さっそく革靴(リーガル06CR)が雨に濡れちゃいました。

リーガル(REGAL)06CRと雨

最初は、雨を弾いていましたが、そのうち染み込み、そして少し水膨れに。さらに時間が経つと水膨れは消えていました。

このままでいいのか?雨で濡れた革靴はどうすればいいのだろうか?

雨に濡れてしまった革靴のお手入れ方法

1.まずは乾かす

雨や泥などの汚れを拭き取り、新聞紙を詰めるなどして水気を抜きます。そして風通しの良い日陰で半日程度乾かします。その際、直射日光などで急激に乾燥させてしまうとヒビ割れや革を傷める原因となります。

2.クリーナーで汚れを落とす

革が完全に乾いたらシュークリーナー(汚れ落とし)で汚れを落とします。革の塩分や汗が染み出し白いシミが出ることがあるので、その場合丹念に拭き取ります。

3.クリームで革の栄養補給

シュークリームを薄く伸ばして磨きます。クリームを塗ることで、ダメージを受けた革に栄養を補給し、ヒビ割れを防ぎます。さらに失われた艶を取り戻す効果もあります。

4.最後に防水スプレー

革によっては、シミや水膨れになりやすいので、防水スプレーや撥水スプレーであらかじめ雨対策をします。お手入れ終了後は、シューキーパーを入れて日陰で保管します。

 

以上が雨に濡れた革靴のお手入れ方法です。

シューキーパーは買いました。しかしまだクリームを買ってません。早く買わないと・・・。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。