【ハイシャイン】鏡面磨きとドライヤーとロイドフットウェアのフルブローグと私
”2015年10月10日”

越石です。

ここ最近、それまでそれなりに上手くいっていたハイシャイン(鏡面仕上げ)の失敗が続いております。考えられる要因は以下の通り。

ハイシャイン失敗の要因考察

  1. 1.水のつけ過ぎ
  2. 2.気温の変化(寒い)
  3. 3.老化による衰え

老化は置いときまして、水の量はそんなに変わっていないはず。そうするとやはり「気温の変化」が怪しい。だって失敗し始めたのは寒くなってきてからです。それまでは汗だくで靴磨きをしていたのにココ最近は汗をかきません。

そこでネットで色々調べてみると、ドライヤーを当てながら磨くという話を発見。確かにポリッシュ=ワックスですので、熱で溶けたり柔らかくなるのは当然の理。

さっそく「ドライヤー鏡面仕上げ」を試してみました

ロイドフットウェア フルブローグ(ウィングチップ)鏡面磨き_斜め前

結果から言うと大成功です。

見ての通り、中々素晴らしい艶が出ました。ロイドフットウェアのフルブローグかっこいいよ。

ドライヤーで鏡面磨き

方法は、靴の前にドライヤーをセットし、一番弱い温風を当てながら、いつも通りの手順でポリッシュを塗って、水を少量付けて磨きました。
※撮影の際、机から靴が落ちそうだったのでドライヤーとかなり近づいてますが、実際はもう少し距離を空けてます。

すると、すぐにポリッシュが透明の油状態になります。

この油を塗っているような状態が重要でして、ここ最近はこの状態にならず、しまいには白く固まってボロボロに剥がれ落ちるような状態でした。やはり要因は温度のようです。

靴に熱は大丈夫?

 

分かりません・・・

 

ですが、一番弱い風を少し離れたところから当てているので、真夏の太陽の熱に比べればかわいいもんだと思ってます。大丈夫だよね?

そんなわけで鏡面磨きされたロイドフットウェアのフルブローグ(ウィングチップ)がこちら

ロイドフットウェア フルブローグ(ウィングチップ)鏡面磨き1

ロイドフットウェア フルブローグ(ウィングチップ)鏡面磨き_サイド

ロイドフットウェア フルブローグ(ウィングチップ)鏡面磨き_2

ロイドフットウェア フルブローグ(ウィングチップ)鏡面磨き_正面

ロイドフットウェア フルブローグ(ウィングチップ)鏡面磨き_前から

ロイドフットウェアいいよ。
ロイドフットウェアのフルブローグいいよ。

あまり違いは分からないかもしれませんが前回の写真はこちら。個人的には全然違います。

これでまた靴磨きライフが楽しめます。
ただし、もしやる場合は自己責任で・・・w

フルブローグ/ダイナイトソール(茶)

価格:33,480円
(2015/10/1 10:59時点)
感想(4件)

フルブローグ/ダイナイトソール(黒)

価格:33,480円
(2015/10/1 11:00時点)
感想(6件)

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。