キリンジ「ペーパー・ドライヴァーズ・ミュージック」
”2012年9月2日”

越石です。

またまたキリンジです。
ファーストアルバムの「ペーパー・ドライヴァーズ・ミュージック」。

当時、おそらくこれもラジオをきっかけに買ったような記憶があります。衝撃を受けました。かなりの。そして現在の自分の音楽の趣向の根源の一つになってます。
メロディーの良さはもちろんなのですが、アレンジのかっこ良さにもかなりやられました。
当然のことながらそれから「冨田恵一」とは何者?となったわけです。
今でこそ、冨田恵一のドラムの打ち込みテクニックが自分の聴き所の一つとなっておりますが、このアルバムでは打ち込みはなくミュージシャンによる生ドラムによる演奏となってます。
ただし、現在の冨田恵一のドラムアレンジと違和感なく、おそらく完璧に打ち込まれたドラムのデモに対し、忠実にミュージシャンが叩いているのだと想像出来ます。

1曲目「双子座グラフィティ」。軽快なブラスとそれに絡むクラビのフレーズが特徴の1曲。1曲目から独特のそれでいてオシャレで切ないメロディーにやられます。

3曲名「野良の虹」は出だしで「女の子のヒップは白くて冷たい・・・」と歌詞にやられました。サビのメロディーはコーラスのアレンジが独特でこれまた切なく素晴らしい。

5曲目の「雨を見くびるな」。またまたサビが素晴らしい。これもコーラスアレンジの効果も大きいような気がします。お兄さんいい味出してます。

6曲目「甘やかな身体」。しっとりとしたスローな曲。いや~本当にメロディーがいい。

そして8曲目の「ニュータウン」!キリンジの中でお気に入りの1曲です。
この曲もサビがすごい。「そうさ!」「だるさ!」のコーラス部分がオシャレ!かっこいい!天才です。

12曲目「かどわかされて」。ギターのカッティングとストリングスがオシャレな1曲。

というわけで抜粋でしたが、捨て曲なしで全ての曲のメロディーが素晴らし過ぎます。
そしてキリンジにおいての「冨田恵一」のアレンジの良さは、キリンジ2人のメロディーセンスがあってこそ。
冨田ラボ名義のソロとキリンジのアレンジの違いなんかを意識して聴いてみると面白かったりします。
繰り返しますが、当時は本当に衝撃的でした。本当にメロディー、アレンジ共に素晴らしく絶対おすすめの1枚です。

自分の音楽は「岡村靖幸」の影響を大きく受けておりますが、影響という意味ではこのアルバムをきっかけとした「冨田恵一」にも同じくらいかそれ以上の影響を受けております。
このアルバムをきっかけに。

ちなみにメロディーの好みはお兄さん派です。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。