【一戸建て購入】物欲の極み、家を買う~その1 「条件編」
”2015年1月21日”

越石です。

そういうわけで、物欲を極め、家を買っちゃいました。
新築マンション、中古マンション、新築一戸建て、中古一戸建てなどの数ある選択肢の中から「新築一戸建て」を買っちゃいました。
なんだかんだ1年ぐらい探して決めましたが、そもそもの探していた条件は以下の通りです。

予算(価格)
  • ・マンションの場合:3,500万円
  • ・一戸建ての場合:4,500万円
立地
  • ・神奈川県(横浜市、川崎市)
  • ・渋谷まで電車で30分程度の範囲
  • ・あざみ野にも車で30分程度の範囲
  • ・駅近:徒歩10分圏内
その他、譲れない条件
  • ・駐車場必須(妻が車通勤)
  • ・デザイン性が高い(超重要)

以下、さらに詳しく↓

 

予算:なぜマンションと戸建てで予算に開きがあるのか?

マンションの場合は3,500万が上限、一戸建ての場合は4,500万が上限と予算を分けて考えてました。
理由として、マンションの場合はローン返済の他に、「管理費」「修繕積立費」「駐車場代」が余分にかかる為です。大体ですが、管理費、修繕積立費が合わせて3万程度、駐車場代が2万程度かかります。単純計算で月5万円程度の負担増です。35年間だとローンの他に2,100万円も余分に支払う必要があります。さらにローンが終わった後も毎月5万程度払い続ける必要があります。当然ローンの毎月の返済額もこのお金を計上した上で考えなければなりません。ですので毎月の総出費を考え、マンションについてはローンの想定金額(予算)を抑えてます。

立地:妻と私で異なる立地条件

神奈川が好き

そう、妻が神奈川好きです。私は特に神奈川にこだわりはないのですが、職場のある渋谷に電車で30分程度で行ければ概ね良しです。神奈川と言っても広いのですが、やはりそこは都心も近い横浜、川崎あたりの人気のエリアがターゲットになります。

路線の候補

そういう条件だったので、路線としては「田園都市線」「東横線」「南武線」「小田急線」なんかが候補に挙がりました。まずは以前住んでいた東横線の「日吉」の街がとても良かったので探してみるも、さすが人気のエリア、一戸建て、マンション共に物件価格が高い。尚且つ駅近物件は中々ありませんでした。湘南新宿ラインになりますが、「新川崎」には新築一戸建てで価格も予算内のオシャレなデザイナー物件があったのですが、妻の通勤が不便とのことで却下。残念。南武線は駅近で格安物件が多数あったのですが、南武線に対する同僚の評判が非常に悪い。ただ単にイメージ的なものだと思うのですが、路線の印象(=人気度?)は資産価値にも大いに繋がりますので参考に。確かに南武線の車両は古臭い印象です。やはり田園都市線が価格、立地、資産価値共にバランスが良さそう。

駅近物件は必須

あとはやはり駅近にこだわりました。妻は(車通勤なので)駅から遠くてもいいと言いますが、俺が嫌です。徒歩10分を超えてくると資産価値も落ちるようですが、何より辛い。途端に遠く感じる。だから資産価値が落ちるのだと思いますけど。
マンションは駅近が多く、同価格帯で立地が比較的良いのはメリットのひとつです。一方、戸建ても探せば駅近はあります。しかし内見した物件の多くは、隣接する道路が非常に狭く、車同士のすれ違いが厳しかったり、駐車に「匠の技」が必要な場所ばかりでした。溝の口のある駅近物件では、車一台ギリギリ通れるくらいの細い急勾配の道をバックで100メートルほど登りきった袋小路に物件があり、不動産屋さんも半泣きで現地まで連れて行ってくれました。あれは絶対無理です。駅近だけど駅近じゃない。現地見ないとわからないもんです。

その他、譲れない条件:やっぱオシャレな家に住みたいよね

デザインに拘る

これは私の強い要望です。妻は日当たりや使い勝手が良ければそこまでデザインにはこだわってませんでした。ですが、どうせ買うならオシャレな物件に住みたい。そしてオシャレな家具を揃えたい。そしてそこにオシャレな時計を付けて暮らす。最高です。物欲が絶えません。

なぜ注文住宅にしないのか?

じゃあ、建売じゃなく注文住宅にすればいいじゃないのとなりますが答えは単純です。完成まで待てません。契約完了したのに、半年も一年も待てません。買ったならすぐ欲しいです。結果的に探すのに1年~2年かかったとしても買ったらすぐ欲しいのです。
しかも盲点だったのですが、建築中も土地代は払わないといけません(考えみれば当たり前)。一括現金購入なら必要ないですが当然ローンですので、完成まで「賃貸代」と「土地代」が二重にかかり、経済的にもかなり厳しくなります。(土地代だけで毎月7万~9万、利息のみの支払いも可能ですがそれでも3~4万程度かかる)
あと建売でもよくあるケースなのですが、完成は数ヶ月先で実際の建物や内装が見れない物件も避けました。だって実物見たいから。同仕様って何ですか?同仕様はこんな感じですけど床の色やら何やら不明ですって何ですか?無理です。数千円の買い物で実物見れないとかわけわかんない。
しかし世の多くの人が土地だけの状態で契約していくんです。立地が良い物件は、例え建売でも土地だけの時点で売れていってしまうというジレンマの中探しました。不動産屋さんからも「完成物件で残っているのは何かしらの問題があるからですよ・・・」なんて言われながら探しました。

駐車場は必須

もう一つは、妻が通勤に車を使用するので駐車場は必須です。マンションだと駐車場代だけで月2~3万円はかかりますし、そもそも空きがない場合がほとんどでした。空きがない場合は近隣に駐車場を借りる事になりますが、その場合もけっきょく月2~3万円はかかります。運良く近くにあればいいですが、最悪の場合、駐車場までけっこう歩く場合もあります。
その点一戸建ては、ほとんどが駐車場付きで、当たり前ですが駐車場代もかかりません。しかも玄関出てすぐが駐車場の場合が多く非常に便利。マンションだと駐車場から車出すのにも時間かかったりしますし、同じ敷地内でも駐車場から玄関まで意外と距離があったりします。これはマンションのデメリットのひとつです。

条件編まとめ

条件編はこのような感じでしょうか。
実際には言葉にはならないような抽象的で細かい条件があり、不動産屋さんとのコミュニケーションエラーの元にもなりました。
不動産屋さんは「条件に優先順位を付けて、何かを我慢しないと」なんてことを言いますが、数千円の買い物ですよ。「優先順位を付ける」ことも、「条件を緩める」こともすごく難しいんです。限られた(それほど多くない)予算の中で、全ての条件を満たす完璧な物件などないことはわかってはいるのですが、それでも後悔したくないのです。当たり前なんですけどね。
だから早く欲しかったけど急いではなかったです。納得出来る物件を納得出来るまで探すつもりではいました。最悪今よりも条件のいい賃貸を探すという選択肢もありました。

次回はそんな不動産営業さんとのやり取りや、マンション戸建てのメリットデメリットや、不動産サイトについて書こうかと思います。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。