【REGAL】リーガルのダークブラウンのウィングチップの革靴(12GR)をネイビーのスーツに合わせた結果!!!【ビジネスシューズ】
”2015年2月13日”

越石です。

そういうわけで、新しく購入したばかりのREGAL(リーガル)の革靴(12GR)ですが、少しでも長持ちさせるためスーツの時だけ着用することに決めました。とはいえ仕事柄スーツの場合が多いんですけど。
いわゆるジャケパンの時はボロボロのPSFAの革靴で。(これを期に一応オイルで手入れしました。)

さっそくスーツなんでREGAL(リーガル)の革靴「12GR」を履いて初出勤!

リーガル(REGAL)12GR BFダークブラウン&ネイビーのスーツ

この日はネイビーのスーツに合わせましたがいい感じです。ダークブラウンの革靴はどんな色でも合わせやすそうです。ちなみに紐の結び方はベルルッティ結び。普通の蝶々結びの場合、歩いていると紐が解けてしまうことがあると思いますが、このベルルッティ結びなら解けにくいとの事です。詳しくはググってください。意外と簡単です。

サイズはぴったり、靴ずれもなさそう

実は購入時にサイズを26.5cmと27cmで迷いました。
私の足は甲がめちゃめちゃ高く、つま先までの長さで合わせるとキツキツになります。しかし甲の高さに合わせるとつま先がスッカスカです。
2つのサイズを履き比べた結果、お店のスタッフからは26.5cmのほうがかかとも浮いておらず良さそうとの事。しかし26.5cmの靴をよく見ると履き口部の側面に変なシワが・・・。27cmのほうには変なシワはありません。そこでもう一度27cmを履いてみて特にブカブカするなどの違和感はなかったので、27cmを購入。
というような経緯がありました。

実際1日歩いてみた結果、汚れ防止のためにクッション性のある中敷きをひいたのもありますが、むしろ少しきついくらいでピッタリ足にフィット。しかも新しい革靴を履くと、くるぶしに靴ずれが起こることが多いのですが、今回は靴ずれもなさそうです。REGAL(リーガル)の革靴(もしくはグッドイヤーウェルト製法の革靴)は、最初は固いと聞いていたのでこれは嬉しい誤算。

歩いているとシワやキズがさっそく付いた・・・。

リーガル(REGAL)12GR BFダークブラウン&スーツ_2

まぁしょうがないよね。靴だもん。時計と違って地面歩いちゃうからね。むしろアッパー部のシワは味になってゆくよね。もちろんせっかくなんでこま目にお手入れします。つま先のキズはなるべくぶつけないよう気をつけます。あと、かかとがいつも外側に向かって斜めに削れるので歩き方にも気をつけます。

しかし、10万円の靴とか絶対履けないわ。

ちなみに渋谷界隈でずっと下を向いたまま靴を見ながら歩いているおっさんを見かけたらそれが僕です。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。