【ロイドフットウェア】マスターロイドのストレートチップ「ホワイトホール(WHITEHALL)」を購入
”2016年9月28日”

ロイドフットウェア マスターロイド ホワイトホール(WHITEHALL)のタイトル画像

越石です。

ええ、ロイドフットウェア マスターロイドのストレートチップ「ホワイトホール(WHITEHALL)」を購入しちゃいました。

最近、中古でマスターロイドのフルブローグ(ダウニング)を購入したばかりでは?

それはそれ、これはこれです。

だってヤフオクであのマスターロイドのホワイトホールのマイサイズ(7.5)未使用品でさらに純正シューツリー付きで出品されてたんですよ?

そりゃ競りに参加しますよ。何が何でも落札しますよ。

以下詳細です。

ヤフオクでマスターロイドのホワイトホール(WHITEHALL)の未使用品が出品される

兼ねてより欲しかったあのマスターロイドのストレートチップ「ホワイトホール」。
ストレートチップと言えば革靴の基本中の基本のデザイン。つまりマスターロイドのストレートチップである「ホワイトホール」はマスターロイドを代表するモデル、もっと言うならロイドフットウェアを代表するモデルと言っても過言ではありません。(適当)

そんなマスターロイド「ホワイトホール」の未使用品がヤフオクに出品されたんです。

1円スタートです。

期間は確か3日間。

ストア出品です。
※店頭で購入出来ないか一応電話して確認しましたがダメでした。

予想外のダウニングの購入で予算が減る

実は先日のダウニングを購入する際にも、このホワイトホールの存在が気になり迷いました。ホワイトホールに充分な資金を投入したかったのです。
しかし「靴との出会いは一期一会」なんて、かの千利休も言ったとか言わないとか。そんなわけでダウニングは状態も良く超格安だったこともあり購入。トータルの予算は減りますが仕方ありません。会社の元リーダーが言うところのバジェットがシュリンクです。

終了間際の競り合い

さてヤフオクですが、終了に向けてジワジワ金額が上がっていき、予想通り終了間際にそれなりに激しい競り合いが始まります。終了5分前に私も参戦です。私含めて3人での競り合いでした。

結果、当初心に決めていた上限金額よりも安く落札出来ました。超ラッキーです。マイサイズの未使用品を超特価で落札です。年始のセールでもあり得ない価格だと思います。しかも純正シューツリー付きです。シューツリー代を考えると本体価格は半額以下です。
※ロイドフットウェアで購入していないことには申し訳ないという気持ちでいっぱいです。

その予算は?

ちなみにお金の出どころについては、ちょっとづつコレクションを整理しています。そのお金がそのまま新しい靴に変わってます。整理というより入れ替え状態です。

購入したマスターロイド「ホワイトホール(WHITEHALL)がこちら

マスターロイドのストレートチップ「ホワイトホール」

【ロイドフットウェア】マスターロイド ホワイトホール(WHITEHALL)の画像

こちらが購入したマスターロイドのホワイトホール(WHITEHALL)です。ストレートチップです。プレメンテでアニリンカーフクリーム塗布とつま先の鏡面仕上げをしています。

ロイドフットウェア マスターロイド ホワイトホール(WHITEHALL)の画像

本当にラッキーでした。絶対いつかはコレクションに加えたいと思っていたマスターロイドのホワイトホールが、未使用品にも関わらずこの価格で手に入るなんて。やっぱり靴神様はいらっしゃります。こないだ電車で席を譲ったのを見ていてくれたのかもしれません。今回のことがなくとも1年後なのか1週間後なのかいずれにしろ手に入れていたのは確実だったんです。そんなホワイトホールなんです。

ロイドフットウェア マスターロイド ホワイトホール(WHITEHALL)の画像_真横右

一足目のマスターロイドをロイドフットウェアで購入する時もこのホワイトホールと迷ったんです。当時は少し前にクロケット&ジョーンズのストレートチップを購入したばかりだった為、初めてのマスターロイドはクォーターブローグ(パンチドキャップ)のWELHAMにしたという経緯があります。
※そういえばクロケットのストレートチップあまり履いてないな・・・これでますます履かないかも・・・いっそのこと売ky・・・なんつって。

クラッシックでオーソドックスな「ラスト330」

ロイドフットウェア マスターロイド ホワイトホール(WHITEHALL)の画像_5

マスターロイドのホワイトホール最高です。美しすぎます。ストレートチップというシンプルなデザインですが、丸っこいクラッシックなラストが絶妙です。つま先の丸さも堪りません。もうこの形しか愛せません。

ロイドフットウェア マスターロイド ホワイトホール(WHITEHALL)の画像_4

このマスターロイドのホワイトホールですが、つい最近まで製造元であるクロケット&ジョーンズでも唯一併売されていたモデルのはずなんですが今はどうなんでしょう。トレーディングポストのHPでは2015年時点での取扱を確認できましたが、現状はカタログから消えているようです。

ロイドフットウェア マスターロイド ホワイトホール(WHITEHALL)の画像_俯瞰

そんなホワイトホールに使用されている「ラスト330」ですが、クロケット&ジョーンズのハンドグレードライン開始当初に投入された歴史的なラスト。現在は比較的ロングノーズでスクエアなラストが多いクロケット&ジョーンズですが、ぜひ本家でも復活・活躍してほしいラストです。

未使用でロイドフットウェア純正シューツリー付き

ロイドフットウェア マスターロイド ホワイトホール(WHITEHALL)の画像_レザーソール

ちゃんと未使用品です。つまりは新品です。中古の靴にもあまり抵抗のない私ですが、やはり新品は気持ちいいものです。そして何より自分で育てる楽しみがあります。
ヒドゥンチャネル仕上げのレザーソールにキズが付いているのは本撮影の為、私が地面に置いたからです。どんなに美しいレザーソールもこんな事くらいでキズが付いてしまうくらい儚いものなのです。

ロイドフットウェア マスターロイド ホワイトホール(WHITEHALL)の画像_純正シューツリー付き

ロイドフットウェア純正の木製シューツリーも付属です。シューツリーだけで定価8,800円(税込)もしますので超お買い得です。

履き込んでこそマスターロイド

ロイドフットウェア マスターロイド ホワイトホール(WHITEHALL)の画像_真横左

せっかく手に入れたマスターロイドのホワイトホールですが、例のごとく大切にするあまり履くのに躊躇しそうです。そもそも靴が多すぎて中々出番が回ってこないという問題もあります。
しかしインスタグラムなんかを見ていて思うことは「履き込まれたマスターロイドは魅力的」だということ。ちゃんとお手入れして履き込めば魅力的な靴になるのがマスターロイドなのです。

ロイドフットウェア マスターロイド ホワイトホール(WHITEHALL)の画像_3

そんなわけで私も魅力的な味が出るよう履き込めたらと思います。

(そしてこの際、さらなるコレクションの整理が必要なのかも。靴買いすぎです。)

マスターロイド「ホワイトホール(WHITEHALL)詳細データ

ブランド ロイドフットウェア(Lloyd Footwear)
名称 マスターロイド ストレートチップ WHITEHALL(ホワイトホール)
ブラック(BLACK)
ラスト ラスト330
製法 グッドイヤーウェルト製法
甲革 ブラックカーフ(BLACK CALF)
靴底 レザーソール
生産国 イングランド(製造元:クロケット&ジョーンズ)
サイズ/ウィズ 7 ½ E
定価 ¥75,600 (純正シューツリー:¥8,856)

ロイドフットウェアの通販はこちら

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。