KANの「ordinary days」が泣けます。
”2013年2月11日”

越石です。

すっごい久しぶりになってしまいまして・・・

本日はKANです。

以前、iTunesでアルバム「IDEAS ~the very best of KAN~」の中から数曲購入しました。名前の通りベストです。
「言えずのI LOVE YOU」が聴きたくなって。
この曲はMr.Childrenの「Over」に似てます。「Over」は桜井さんがKANさんを意識して作ったそうで、この「言えずのI LOVE YOU」や、「まゆみ」なんかを意識したんではないかと思います。
でも、そもそも大元はビートルズだと思いますけど。

そんで「Songwriter」。ほんとに名曲!
まぁこれはビリー・ジョエルの「ピアノマン」そっくりですけど、本当に名曲です。
個人的にはYouTubeに上がっているライブ版のほうがドラムが生なのでより素晴らしいです。

同時に購入したアルバム「カンチガイもハナハダしい私の人生」の中から本記事表題の「ordinary days」。
素晴らしいです。何回聴いても泣きます。
いつもブログ書くときは、その曲を聴きながら書くんですけど泣きそうです。
詞の内容はというと、出会いから我が子の誕生までというラブソングです。
こないだなんか出勤の電車の中で聴いていて涙目になっていたので、おかしな人だと思われたと思います・・・おっさんが電車で涙目って。
とにかくすごく心に響きます。個人的に。

そして同時にCDで持っていたアルバム「Gleam & Squeeze」から「Superfaker」をiTunesに取り込み。
疾走感あふれる曲でドラムがいい!!

KANはほんとに名曲ばっかです。
世間的には「愛は勝つ」のイメージが強いでしょうが、「愛は勝つ」以降の曲がほんとに素晴らしいです。
※むしろ「愛は勝つ」は自分的には苦手です。

KANについてはまた詳しく。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。