JMウェストンの598(ロジェ)と641(ゴルフ)を並べました
”2017年11月4日”

JMウェストンのゴルフ(641)とロジェ(598)_2

越石です。

そういうわけで、JMウェストンの598を買いました。そしたらもちろん並べます。同じJMウェストンで、しかも同じロシアンカーフのゴルフと。

そんなわけで恒例の並べただけシリーズです。

 

JMウェストンのロジェ(598)とゴルフ(641)

JMウェストンのゴルフ(641)とロジェ(598)

こちらがJMウェストンの598とゴルフです。

もしくはロジェと641です。

JMウェストンのゴルフ(641)とロジェ(598)_4

つまり598(ロジェⅡ)と641(ゴルフ)です。

ロシアンカーフの二足

JMウェストンのゴルフ(641)とロジェ(598)_6

この二足は同じロシアンカーフという革が使用されています。ロシアンカーフは肉厚で油分を多く含んでおり、丈夫で雨に強い革です。またその質感も独特で、通常のカーフに比べて表面が少しざらついているのですが、磨くと素晴らしい艶が出ます。ちなみに598は通常のカーフもラインナップされています。

ゴルフは鏡面無し、598は鏡面仕上げ

JMウェストンのゴルフ(641)とロジェ(598)_5

ざらついている分、鏡面仕上げの難易度は上がります。ざらついているという事は凹凸が大きいという事ですので、しっかりと下地を作る必要があります。また鏡面との境目も目立ちがちですので、ゴルフも最初こそ鏡面仕上げにチャレンジしていましたが、最近剥がしちゃいました。私の腕ではなかなか難しい。

JMウェストンのゴルフ(641)とロジェ(598)_8

しかし、598に関しては頑張って鏡面にしています。やっぱり598の広くてシャープな爪先には鏡面が似合います。コントラストが素敵です。

サイズはゴルフが7D、598は7E

JMウェストンのゴルフ(641)とロジェ(598)_正面

サイズはゴルフが7Dで598は7Eになります。サイズは同じ7ですが、こうして並べてみると明らかに598のほうが長くて大きく見えます。ラストはゴルフがぽってりとした「ラスト31」で、598は爪先がシャープな「ラスト21」です。そんな違いもあり598のほうが長く大きく見えるのかもしれません。

JMウェストンのゴルフ(641)とロジェ(598)_横から

いや〜それにしても本当にいい革です。そしてデザインも最高です。598ももっと早く買っとけば良かった・・・あれとかあれを買う前に・・・

 

JMウェストンの購入はこちら(楽天)

JMウェストンの購入はこちら(Amazon)

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。