iPhone6のアップル純正レザーケース買ったった!!!
”2014年10月3日”

越石です。

iPhone6の洗練されたデザインは、裸がやっぱかっこいいと思います。それは間違いありません。
よく女の子が、TシャツにGパンが似合うiPhone6がかっこいいとか言いますが、やっぱ俺は裸がかっこいいiPhone6がかっこいいと思うよ。

しかし、裸だと洗練されたそのボディにキズが付いてしまいますのでケースは必須です。いわゆるiPhoneケースのジレンマです。

私はこれまでiPhone4S、iPhone5と使ってきましたが、そのえげつない物欲により、もう一台新品のiPhoneが買えるんじゃないかってくらいケースを買ってきたケースマニアです。
そんな私が今回iPhone6用に選んだケースが、「アップル純正レザーケース」です。

iPhone6 アップル純正レザーケース(表)

iPhone6 アップル純正レザーケース(表)

初めてのアップル純正レザーケース

初めてのアップル純正ケース。けっこうケースを買い漁ってきたにも関わらず、純正も初めてなら、レザーケースも初めて。以下、簡単にレビュー。

【フィット感】

さっそく装着してみますが、さすがアップル純正、iPhone6にピッタリフィットです。しかもシンプルなのでiPhone6のデザインを崩さず、違和感なく馴染んでます。

【厚さ】

厚さはちょうど背面カメラの出っ張りがなくなるくらい。表を向けて置いた時にガタつかず安定します。

【リンゴマーク】

そして純正だけに許された裏面のリンゴマークもポイント高し。

iPhone6 アップル純正レザーケース(背面)

iPhone6 アップル純正レザーケース(背面)

色の選択

色はiPhone6本体がスペースグレイなのでブラックにしました。
他の色(レッド、ミッドナイトブルー、オリーブブラウン、ソフトピンク)は、汚れが目立ちそうなので却下しました。

iPhone6 アップル純正レザーケース(スリープ状態)

iPhone6 アップル純正レザーケース(スリープ状態)

レザーの質感

レザーの質感ですが、4,800円(税抜き)とけっこうお高いのですが、そこまで高級感はありません。ですが、本革ですので手にしっとりと吸い付く感じでホールド性は高まりました。
ちなみにアップルのサイトには「上質な手触りのプレミアムレザー製」とありますが、何の革なのか全く分かりません。エイジングもおそらく期待出来なさそうな感じです。
購入前の懸念点だったスリープボタンや音量ボタンは普通に押せます。全く問題なしです。

iPhone6 アップル純正レザーケース(下部)

iPhone6 アップル純正レザーケース(下部)

iPhone6 アップル純正レザーケース(側面)

iPhone6 アップル純正レザーケース(側面)

ちなみに今日気づいたのですが、上司の「iPhone6プラス」もアップル純正レザーケースのブラックでお揃いでした。あと、妻にはまだケースを購入したことはバレてません。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。