iPhone6に変えたら、トイレの個室で集中力が上がると話題に
”2014年9月26日”

越石です。

そういうわけで、先日iPhone6に機種変したのですが、思わぬ効果がありましたので報告。

iPhone6でバリバリ集中力が上がる?!

発売されたばかりのiPhone6。最新のOSであるiOS 8の搭載、高速で省電力なA8チップの搭載、などなどアップル渾身の最新モデル。

そんなiPhone6ですが、トイレでの集中力が上がります。そう、トイレの個室での集中力が上がります。

トイレの個室でなぜ集中力が上がるのか

iPhone5の時のように何も考えずiPhoneを手にトイレの個室に入ってはいけません。
iPhone5と違いエッジの角が取れ丸く滑らかな為、グリップ力が従来より劣ります。ツルッと滑りそうです。iPhone6のレビューでは、角が丸くなったことで、手に馴染んで持ちやすいと言うような記事もありますが、絶対嘘です。引っかかりがあったほうが滑らないに決まってます。たぶん。
さらにサイズアップも危険が危ないです。しっかりと手で包み込むには私の手は小さいようです。
さらにさらに、私が使用しているハードケースの素材もツルツルのプラスチック製の為、滑りやすさに拍車をかけているようです。もしかしてこれが原因か?!変えようかな。

そんな感じでトイレの個室に入る前は、まず手にあるiPhone6を強く意識します。間違っても胸のポケットに入れてはいけません。屈んだ時に落ちます。お尻のポッケに入れとけよとか野暮な事は言いっこなしです。トイレの個室はiPhoneをいじるのに最適な場所なのです。

iPhone6のトイレの個室における注意点まとめ

  • ・iPhone6を手に持っているのだと強く意識する
  • ・併せて、便器の入り口も強く意識する
  • ・胸ポケットには間違っても入れない
  • ・お尻のポッケに入れたらiPhoneいじれないでしょうが!
  • ・ツルツルのプラスチック製のハードケースは滑りやすい

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。