エドワードグリーン ドーバーのラスト202と606を比較
”2016年10月23日”

エドワードグリーン ドーバーの202と606トップ画像

越石です。

また買っちゃいましたエドワードグリーンのドーバー#202ですが、今回はラスト202のブラックです。

そんなわけでこないだ購入したラスト606のドーバーと並べてみました。そうです。比較と銘打ちましたがいつもの如く並べて写真を撮っただけの安定の薄〜い内容になっております。

 

エドワードグリーン ドーバーのラスト202と606

エドワードグリーン ドーバーの202と606

はい、並べました。

右が購入したばかりのドーバー202で、左奥が606です。色は黒とダークオーク。

エドワードグリーン ドーバーの202と606_2

やばい。美しい。かっこいい。

エドワードグリーンのラスト202と606

エドワードグリーン ドーバーの202と606_俯瞰

はい、ここまで何も比較してません。
この記事でもまとめたように、ラスト202(写真右)はエドワードグリーンを代表するど定番のラストで、丸みを帯びたクラシカルで伝統的なスタイル。一方606はそんな202を少しゆったりと甲高にして、つま先もラウンドトゥからセミスクエアトゥに変更したラスト。202のほうが若干細身のはずですが、見た感じでは違いはわかりません。

エドワードグリーン ドーバーの202と606_3

しかしこうして並べてみると、逆に606のほうが甲が低く少しロングノーズな印象を受けます。これは202はモカ縫い直後からつま先までストンと丸く落ちているのに対し、606はセミスクエアのためモカ縫いからつま先までスーッと平行に伸びているように見えるのが影響していそうです。(写真の角度もあるかも)

エドワードグリーン ドーバーの202と606_正面

この角度だと、つま先のデザインも極端に違うようには見えません。それにしてもそれぞれいい色と艶です。

エドワードグリーンのドーバーは・・・

エドワードグリーン ドーバーの202と606_4

そして皆さんお気づきでしょうか?

そうなんです。

202も、606も・・・

かっこいい!!!

両方かっこいい!!!

エドワードグリーン ドーバーの202と606_5

ラウンドトゥとセミスクエアトゥというデザインの違いもありますが、ブラックとダークオークという違いもコレクション性を高めています。やばいよドーバー。

 

エドワードグリーン ドーバーの購入はこちら

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。