エドワードグリーンのドーバー#202のブラックを購入
”2016年10月22日”

エドワードグリーン ドーバー(D202/ブラック)トップ画像

越石です。

エドワードグリーンのドーバー(Edward Green Dover #202 Black)を購入しました。ラストは202で、ウィズはDです。色はど定番のブラックです。

ん?こないだエドワードグリーンのドーバーを買ったばかりでは?と思ったそこのあなた。

それはそれ、これはこれです!

さらにこないだ買ったのは同じエドワードグリーンのドーバーでもラストが606で色もダークオークですのでセーフなのです。

むしろダークオークのドーバーを手に入れた事で、私の頭の中は黒のドーバーの事でいっぱいです。色違いが欲しい、ラスト違いが欲しい、もうドーバーの事で頭がいっぱいなのです。おそるべしドーバー。おそるべしエドワードグリーンなのです。

そんなドーバー禁断症状のさなか、ヤフオクでほぼ未使用で、純正シューツリー付きの「黒のドーバー」が出たとあればほっとけません。しかもラストはエドワードグリーン定番の202。ラウンドトゥの素敵なヤツです。

しかし高い。

そりゃ新品と比べれば超格安ですがさすがに高い。

そこでブログの更新も忘れてせっせとコレクションの整理をしていたわけです。デザインが被っている靴をいくつか売りました。もったいないですがこれも勉強です。こうしてコレクションが自分好みに厳選されていくのです。

エドワードグリーン ドーバー(Edward Green Dover)D202 BLACK

黒のドーバー

エドワードグリーン ドーバー(D202/ブラック)

あぁ、いいです。黒のドーバーはやはりかっこいいです。ロイドフットウェアのドーバーを手放してしまってからと言うもの、またいつかは手に入れたいと思っていた黒のドーバー。そんな黒のドーバーはオンでもオフでもいける万能選手。シックでダンディ。そしてセクシーです。

ラストはD202

エドワードグリーン ドーバー(D202/ブラック)9

ラストはエドワードグリーン定番の202で、以前所有していたロイドフットウェアのラスト32よりも少しゆったり目になります。また前回購入したダークオークのドーバーはラスト606でセミスクエアトゥのデザインになりますが、202はオーソドックスなラウンドトゥで全体的にも606より丸みを帯びているように感じます。また別記事で比較してみます。

サイズは8D

エドワードグリーン ドーバー(D202/ブラック)8

普段、ロイドフットウェアやクロケット&ジョーンズなどでのマイサイズは「7.5E」。今回のドーバーはサイズ「8D」ですがジャストサイズ(超タイト)でした。エドワードグリーンのラストは比較的甲が低いと聞きますが、甲高の私にはハーフサイズアップくらいがちょうど良さそうです。

靴底はダイナイトソール

エドワードグリーン ドーバーのダイナイトソール

靴底はダイナイトソール仕様です。全く減りはありません。新品同様です。中敷きやアッパーの状態からオールソールではなく仕様かと思います。
ちなみに大好きなダイナイトソールですが、以前ほどレザーソールに対して優位性は感じていません。むしろせっかくのドーバーなんでレザーソールのほうが良かったなんて気もしています。まぁとは言えダイナイトソールは便利なので良しなのです。

試着程度?

エドワードグリーン ドーバー(D202/ブラック)5

そんなわけでこちらのドーバー、中敷きも綺麗、ダイナイトソールも全く減りがなく新品同様、履き皺は入っているので試着程度かほんとに数回(室内履き?)の使用感です。これで新品価格の半額程度ならお買い得です。絶対そうです。うん、そうです。

エドワードグリーン純正シューツリー付き

エドワードグリーン純正シューツリー

付属品は箱と靴袋とエドワードグリーン純正シューツリーです。ちなみにこのシューツリーだけで新品なら2万円もします。高い。だからこそお得なのです。
しかしフィット感は微妙です。アッパー部分はスカスカで正直履き皺は伸びてません。純正の見た目を取るか、別のシューツリーを入れて皺を取るか迷い中です。(※追記:別のシューツリーに入れ替えました)

ヤフオクで見て実店舗で購入

エドワードグリーン ドーバー(D202/ブラック)4

冒頭でヤフオクで見つけたと書きましたが、購入は実店舗になります。今回ばかりは値段もそれなりに張りますので出来ればしっかり試着してからの購入が理想です。幸いにもストア出品でしたので念のため実店舗がないか調べてみると、ちょうど帰り道の三軒茶屋に実店舗があったので仕事帰りに立ち寄ってみたわけです。これは運命です。例え同条件、同価格であったとしても個人出品なら買わなかったかもしれません。

そんなわけでお店で状態をしっかり確認し試着も念入りにしてみます。サイズはピッタリです。驚くほどピッタリです。しかも状態も良く新品同様といっても過言ではないほど。これは運命です。やっぱり運命でした。

エドワードグリーン ドーバー(D202/ブラック)正面つま先

両方のつま先に小さいキズがありましたが、まったく気にならない程度。このキズが安い理由かもしれません。しかしこの程度のキズでこの価格なら文句はありません。
※写真ではわかりません。

でも高い・・・

実は中古と言えど、これまでに購入した靴の中でも断トツに高い。靴にハマった頃からしたらあり得ない金額です。そんな金額の靴履いて外を歩けないなんて言ってたくらいのヤツです。とてもここでは言えない金額です。

でも安い・・・

新品同様の状態や純正シューツリー付きという事を考えると圧倒的に安い。超格安です。しかもジャストサイズ。なかなかジャストサイズでこんな掘り出し物は出てこないんじゃないでしょうか。

エドワードグリーン ドーバー(D202/ブラック)3

そんなわけで、迷ったあげく購入です。帰って、磨いて、ピカピカになったドーバーを眺めていると後悔なんて微塵もありません。本当に買って良かった。無色のアニリンカーフクリームを塗ってブラッシングしただけでビックリするくらい光ります。ほんとにビックリするくらい光ります。つま先はもちろんワックスで鏡面に仕上げています。いい革は表面が滑らかなのか鏡面も上手くいく気がします。美し過ぎます。

実質3足目のドーバー

エドワードグリーン ドーバー(D202/ブラック)10

そんなわけでエドワードグリーンのドーバー、デザインも質も最高です。先日購入した606のドーバーに比べ、全体的に丸く肉々しくてセクシーです。これやばいヤツです。つま先のスキンステッチも素敵です。

エドワードグリーン ドーバー(D202/ブラック)上から

606のドーバーを手に入れた時、冗談で色違いやラスト違いが欲しいなんて言いましたが、すぐ現実のものとなってしまいました。エドワードグリーンやばいです。ドーバーの魅力やばいです。次はチェルシーか・・・笑

エドワードグリーン ドーバー D202 BLACK 詳細データ

ブランド エドワードグリーン(Edward Green)
名称 エドワードグリーン ドーバー(Edward Green Dover)
ブラック(BLACK)
ラスト ラストD202
製法 グッドイヤーウェルト製法
甲革 カーフ(black calf)
靴底 ダイナイトソール
生産国 イングランド
サイズ/ウィズ 8D
定価 ¥183,600(2016/9/1 STRASBURGO調べ)

 

エドワードグリーン ドーバーの購入はこちら

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。