クロケット&ジョーンズのストレートチップ(RADSTOCK)をセールで手に入れました!
”2016年2月28日”

越石です。

クロケット&ジョーンズのストレートチップをセールで買っちゃいました。とうとうクロケット&ジョーンズを新品で手に入れました。そして初の内羽根ストレートチップです。
購入したモデルはオーソドックスなラウンドトゥが特徴のRADSTOCK(ラッドストック)です。

クロケット&ジョーンズ RADSTOCK(ラッドストック)写真

そうです、前回の記事のやつです。なんとか資金を調達(靴を売って)して買っちゃいました。

東急百貨店のセールで購入

購入は「たまプラーザの東急百貨店」です。セールは23日までと聞いていましたが、ダメ元で行ってみたところ靴売り場から特設の催物場に会場を変えて引き続きセール続行中でした。先週声をかけた靴売り場の店員さんが私を覚えてくれており、会場まで案内してくれフィッティングもしてくれました。

驚愕のセール価格

先日の記事でも書きましたが、かなりお買い得な価格です。定価82,000円が54,000円です(共に税込)。およそ34%OFFです。
あれからもう一度ネットで調べたり、渋谷と銀座のトレーディングポストに行ってみたり、銀座の百貨店も回ってみたりもしましたが最安値は7万円前半だと思われます。年始のセールでもこの価格は見なかったように記憶しています。そんなわけで相場より2万円近くもお得になります。正直この価格でもけっして安くはありませんが、買わなきゃ絶対後悔します。

ちなみにここまで安いのには理由がありました。どうやらたまプラーザの東急百貨店では今後クロケット&ジョーンズの取り扱いをやめてしまうらしく、最後の売り尽くし(在庫処分)だそうです。取り扱いがなくなるのは残念ですが、このタイミングを逃さなかったのは正直ラッキーです。しかも狙っていたモデルがピンポイントであるなんて奇跡です。
他にはオードリーの茶色のモデルや、グレインレザーのブーツやスエードのチャッカブーツやフルブローグなどがセールに出ていました。財布の調子が良ければ欲しいモデルが他にもいくつか・・・ですが今回はRADSTOCK一択です。ただ、Uチップのダーラムがあったら迷ったかもしれません。

クロケット&ジョーンズ ストレートチップ(RADSTOCK/ラッドストック)の写真

いつもの通り前置きが長くなりましたが、さっそく購入したクロケット&ジョーンズのストレートチップ RADSTOCKの写真一覧です。

初めての内羽根ストレートチップ

クロケット&ジョーンズ ストレートチップ RADSTOCK(ラッドストック)

一番フォーマルと言われている内羽根のストレートチップです。本来なら一番最初に買っても良いくらいの内羽根ストレートチップですが、20数足目にしてやっと購入です。

そして初めての新品のクロケット&ジョーンズです

クロケット&ジョーンズ ストレートチップ RADSTOCK(ラッドストック)正面

クロケット&ジョーンズは中古で手に入れた「UチップのONSLOW」を所有していますが、新品での購入は初めてとなります。だって高いですから。でもだからこそ憧れのブランドでもありました。何よりブランド名がいいですよね。クロケット&ジョーンズですよ。クロケットにジョーンズがアンドされてるんですよ。
ちなみにネットなんかでは「クロケ」と略されることが多いようですが、実際店頭ではなんて言えばいいのか迷います。私は間違いないよう「クロケット&ジョーンズ」と言います。少し長いです。たまにアンドを忘れて「クロケットジョーンズ」って言っちゃう時もあります。

ラウンドトゥが特徴のラスト341

クロケット&ジョーンズ ストレートチップ RADSTOCK(ラッドストック)上から

クロケット&ジョーンズのラスト341(木型)は、丸みのあるオーソドックスなラウンドトゥ(エッグトゥ)で、全体的にはシャープなシルエットになるようです。
クロケット&ジョーンズのストレートチップと言えば「オードリー」が有名ですが、つま先は少しスクエアトゥになります。個人的にはやはりラウンドトゥが好みになりますのでオードリーの選択肢はありませんでした。オードリーという名前は素敵なんですけどね。

クロケット&ジョーンズ ストレートチップ RADSTOCK(ラッドストック)2

このつま先、最高です。クロケット&ジョーンズ最高です。

クロケット&ジョーンズ ストレートチップ RADSTOCK(ラッドストック)3

あぁ、クロケット&ジョーンズいいよ。
※同じような写真が上にありますが、ちょっと角度が違います。

もちろんダイナイトソール

クロケット&ジョーンズ ストレートチップ RADSTOCK(ラッドストック)ダイナイトソール

そうなんです、RADSTOCKはダイナイトソールなんです。ストレートチップ購入にあたり今回ばかりはレザーソールでもしょうがないかと考えていましたが、結局またダイナイトソールです。結果オーライです。安心してトイレに行けます。ちなみにダイナイトソールの表記はなく、クロケット&ジョーンズの刻印があります。

ちなみにこちらが靴磨き前

クロケット&ジョーンズ RADSTOCK(靴磨き前)

で、靴磨き後

クロケット&ジョーンズ ストレートチップ RADSTOCK(ラッドストック)靴磨き後

これまでの画像もすでに磨いた後になります。全体をアニリンカーフクリームで磨いて、つま先はワックスで軽く仕上げてあります。軽くと言いましたがいまいち鏡面にならなかった言い訳です。

クロケット&ジョーンズの箱

クロケット&ジョーンズの箱

こちらはクロケット&ジョーンズの箱です。なぜか修正液でラスト表記が直されてます・・・なぜ?

クロケット&ジョーンズ RADSTOCK(ラッドストック)詳細データ

品番 9859-1015-21
モデル名 クロケット&ジョーンズ RADSTOCK(ラッドストック)
ブラック(BLACK)
ラスト 341
ウィズ E
製法 グッドイヤーウェルト製法
甲革 ブラックカーフ(BLACK CALF)
靴底 ラバー(ダイナイトソール)
生産国 イングランド
サイズ 8
定価 ¥82,080(税込)

問題はサイズ・・・

ここまで触れてきませんでしたがサイズにやや問題があります。8Eしかなかったんです。もちろん試着しました。靴下も仕事用に履き替えて。それはもう念入りに。
試着した感じはウィズ(幅)はきつめで、羽根も1〜2㎝開いています。甲の隙間もおそらく適度(実はかなり不安)です。踵も今のところ浮いていません(少し不安)。店員さんは「サイズ良さそうですが、もし万が一甲の隙間や、踵が気になったら、中敷きで調整できますよ」なんて言います。正直当てになりません。売りたいのが伝わってきます。でも買っちゃったんですけどね。感覚的には適度にタイト目だと思うのですが・・・。

最後に

そんなわけでやっと手に入れた内羽根のストレートチップ。さらに憧れのクロケット&ジョーンズです。だからこそ履くのが楽しみな反面ドキドキです。

そしてとうとうストレートチップも手に入れて、もう欲しい靴がないんじゃないかって思うかもしれませんが・・・

「安心して下さい、ありますよ!」

次はクロケット&ジョーンズのUチップのダーラムを狙ってます。さすがにもう売る靴もありませんので資金調達には時間がかかりそうです・・・どっかにお金落ちてないかな。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。