マスターロイドを三足(WELHAM、BERKELEY、DOWNING)並べる
”2016年9月25日”

マスターロイドを並べるトップ画像

越石です。

多くの人が予想したことでしょう。マスターロイドを並べることを。

そしてこんなことを思った方もいるかもしれません。

「まさか一足増えるごとに並べるのか?」

そのまさかです。一足増えるごとに並べるのです。

そういうわけで、先日購入したマスターロイド「ダウニング(DOWNING)」でなんだかんだマスターロイドも三足目になりましたので並べました。そう、並べただけです。恒例の並べただけシリーズです。

マスターロイド三足(WELHAM、BERKELEY、DOWNING)

【ロイドフットウェア】マスターロイド((WELHAM、DOWNING、BERKELEY)

左からロイドフットウェアのマスターロイドで「WELHAM」「DOWNING」「BERKELEY」になります。

それぞれの購入経緯

【ロイドフットウェア】マスターロイド((WELHAM、DOWNING、BERKELEY)7

購入はパンチドキャップの「WELHAM」が初マスターロイドにして、正式にロイドフットウェア銀座にて新品で購入しています。次にセミブローグの「BERKELEY」をヤフオクの誤入札で結果的に格安で手に入れ、そして先日フルブローグの「DOWNING」をロイドフットウェア銀座で中古でこれまた超格安で手に入れたわけです。なんとこの間わずか半年足らずです。買い過ぎです。大丈夫か。大丈夫です。借金とかしてません。今のところ。

サイズ

【ロイドフットウェア】マスターロイド((WELHAM、DOWNING、BERKELEY)2

サイズは「WELHAM」と「DOWNING」がマイサイズの7.5で、「BERKELEY」が少し大き目の8になります。(8でも特に問題なさそうです。)

ロイドフットウェアのマスターロイド

【ロイドフットウェア】マスターロイド((WELHAM、DOWNING、BERKELEY)3

マスターロイドは言わずと知れたロイドフットウェアの最上級グレードになります。製造元はロイドフットウェア公式には明確にされておりませんが、モデル名からも明らかな通り、英国老舗の靴ブランドであるクロケット&ジョーンズです。

クロケット&ジョーンズのハンドグレードと同格

【ロイドフットウェア】マスターロイド((WELHAM、DOWNING、BERKELEY)5

細かい仕様の差はありそうですがクロケット&ジョーンズ最上級シリーズである「ハンドグレード」と同格と言われております。確かに革はモチモチで磨くと他にはない色気のある艶が出ます。履き心地も革が柔らかいので最高なんです。その違いは素人目にも明らかなのです。もうマスターロイドに首ったけなのです。

クラッシックでオーソドックスなデザイン

【ロイドフットウェア】マスターロイド((WELHAM、DOWNING、BERKELEY)4

デザインは「これぞ英国靴」というクラッシックでオーソドックスなスタイル。そのラストは今や本家のクロケット&ジョーンズでは「ホワイトホール」でしか使用されていない「ラスト330」になります。全てのマスターロイドがこのラスト330になります。つま先のラウンドトゥが素敵過ぎます。なかなかないです、この丸さは。

そんな最高のマスターロイド

【ロイドフットウェア】マスターロイド((WELHAM、DOWNING、BERKELEY)6

そんなわけでマスターロイド最高なんです。全てにおいて完璧なのです。そう言えばそれまでレザーソールの靴は購入対象外だったのですが、マスターロイドが履きたくて解禁した結果、今やレザーソールの靴も相当増えました。食べず嫌いはダメです。汚れたらオールソールすればいいんです。
話が逸れましたがマスターロイドは最高なんです。全てにおいて完璧なんです。デザイン、質、履き心地が最高なんです。

なんとかマスターロイドを並べただけでここまで書きました。さすがマスターロイドです。

なのでまだまだマスターロイド増えます。

ロイドフットウェアの購入はこちら

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。