【スーツがオシャカ】AOKIとP.S.FA(パーフェクトスーツファクトリー)にスーツ買いに行った結果!!!
”2015年3月23日”

越石です。

ここ最近、スーツが続けざま2着もオシャカになった越石です。2着ともお尻に穴が空きました。

引用:http://livedoor.blogimg.jp/onecall_dazeee/

そんなわけで、スーツ買いに行きました。加藤くんじゃなく妻が助けてくれました。

どこでスーツを買おうか・・・

本来ならこれまで何度もスーツを購入していて、いつの間にやらゴールドメンバーにもなっている「P.S.FA(パーフェクトスーツファクトリー)」に行きたいところなのですが、あいにく家の近くに店舗がないので、まずは近場のスーツ屋さんで探すことに。

街のスーツ屋さんと言えば「洋服の青山」や「AOKI」です。少し車を走らせればどこにでもある印象です。

とはいえ、青山、AOKIの両店共に私の中のイメージは・・・

 

「おっさん臭いスーツ」

 

というイメージ。

引用:http://livedoor.4.blogimg.jp/

もうすぐ39歳のおっさんが何を言っているんだという話ですね。わかります。でもおっさんだっておっさん臭いのは嫌なんです。タックの入ったブカブカのパンツなんて履きたくないんです。ハイウエストなんて絶対嫌なんです。(なんであんな高い位置で履いてんの?)そしてメタボだけど少しでもスマートに見せたいんです。メタボだからこそスマートに見せたいんです。足も短いんです。若者以上に若者向けのスーツが必要なんです。

しかし時は2015年。なんだかんだで10年以上は青山やAOKIには行ってません。もしかしたら今は青山やAOKIだっておっさん臭いスーツばかりじゃないかもしれません。

早速、ネットで調べるとこんな記事が・・・

”スーツは青山かAOKIのどっちがいいの?比較表を作りました!

”品質にこだわるのが青山、デザインにこだわるのがAOKI”

”全年齢層をターゲットが青山、若者層をターゲットがAOKI”

このまとめによると、「青山は品質」「AOKIはデザイン」とあります。さらにAOKIは若者向けとも。食べず嫌いはダメです。デザイン重視って言ってるAOKIをちゃんと見てみないと。

いざ、AOKI(アオキ)へ

そんなわけで近くのAOKIへ行きました。店員さんからサイズの確認がてらジャケットを羽織ってみてくださいと言われます。いい感じです。柄とか色とかオシャレなのもあるじゃない。お値段も下取りとか活用すればお手頃なものもあるじゃない。やっぱり10年前とは違うんじゃないの。

しかし、パンツを履いた途端、事態は一変。


太い。

店員さんは細身のタイプや言うてるのに太い。もしかして太ったから細身のパンツなんて無理なんやろか?いやいや、こないだお尻に穴が空いたパンツは細身やったやん。履けてたやん。

※ちなみにAOKIの店員さんは、余っている裾を中にくるっと入れてくれたりしないので、非常にイメージがしづらかった。

そんなわけで、パンツのデザインに納得出来ず一旦帰ることに。
もしかして太ってしまった私にはもう細身のオシャレなパンツは履けないのではないだろうか・・・。そんな絶望感と共に帰路に着きます。

次の日、車で20分の港北東急ショッピングセンターのP.S.FA(パーフェクトスーツファクトリー)に行きました

前日のAOKIでの苦い体験を引きずりながらも、やはりPSFAを見てみたいと思い、車で20分の港北センター南のPSFAに。車だとそんなに遠いわけじゃないんですが電車だと遠い港北店。渋谷からも自宅の最寄駅からも乗り換えがすごく面倒。近いのに遠い。もし裾直しに日数がかかってしまった場合、引き取りに行くのが面倒だな・・・なんて考えながら。

お店に着き、まずは店員さんに以前のサイズを伝えた上で、「太ったんでワンサイズ上のコーナー教えてください」とワンサイズ上のコーナーをさり気なく聞き出します。

お目当ては、ネイビーのストライプの入ったタイプ。REGAL(リーガル)のワイン色の06CRに合わせる前提で選んでます。

店員さんに一番タイト目なデザインのものを聞きつつ、さっそく試着。今度はパンツから試着。ジャケットなんて後でいい。まずはパンツを試着。

その結果・・・

すっげーええやん!!

細いやん!!

これ、細身のタイプやん!!


これ、細身のそれやん!!


即決で色違いを2着購入しました。(2着買うと少し安くなります)
PSFAのネイビースーツ
色は濃いネイビー(左)と明るいネイビー(右)。本当はネイビーとグレーにしようと思ってましたが、予算や諸々の事情で色違いのネイビーに。写真ではわかりづらいですが、両方ストライプ入ってます。
裾直しは明るいネイビーのほうをダブルにして、濃いネイビーのほうはシングルに。
ワンサイズ上げたおかげでウエストもピッタリ。直す必要はなさそうです。
結果、裾直しだけなので2時間ほどで完了し、後日取りに行く必要がなくなり一安心。
※ウエストの直しは通常5日程度がかかるようです。
※画像のシャツは2着購入キャンペーンでもらえました。

→着用した結果はこちら!!!

AOKIとPSFAの違い

そんなわけで、PSFAでは即決だったわけですけど、AOKIと何がそんなに違うのか。

まずAOKIにはパンツに「ノータック」「ワンタック」「ツータック」と種類があり、気をつけて選ばないと「タック入り」のおっさんスーツを選んでしまいます。これは危険が危ない。
しかしPSFAでは選択肢はありません。ノータック一択です。これはそもそも狙っているターゲット層が違うんでしょうね。(AOKIならオリチカ、青山ならスーツカンパニー行けと言うことですね。)

あとAOKIはパンツが太かった。単純に太かった。明らかに太かった。ダボダボだった。
それに対しPSFAのパンツは明らかに細い。かと言ってPSFAのパンツは太ももなんかをピチピチにして無理やり細くしてるわけじゃありません。キツいわけじゃないのに見た目が細い。おそらくテーパードというものがかかっています。まさにデザインの差です。

ジャケットなんて飾りです、偉い人にはそれがわからんのですよ

ジャケットのサイズの重要性やデザインの重要性もわかりますよ。でもダサく見えるか見えないかはパンツのフィッティングなんですよ。どんだけかっこいいジャケット着ても、パンツがダボダボだったりしたら台無しなわけですよ。しかも私のような短足の人間にはパンツ選びが非常に重要なんですよ。結局はかっこいいパンツ選びが前提なんですよ。パンツのデザイン、サイズが全てなんですよ。

ふぅ~、結論としてやっぱりPSFAやわ~。
そりゃいつの間にかゴールドメンバーになってますわ~。
また、2年くらい持つといいな~。

→着用した結果はこちら!!!

ちなみにPSFAの靴は・・・

もう僕にはダメでした。あんなにかっこいいと思っていたPSFAの靴が僕にはもうダメでした。REGAL(リーガル)を知ってダメになってしまったのです。確かにデザインはオシャレっぽいのですが、よく見ると革が違う。磨けそうにない。そして何より軽い。別に軽いことが悪いわけではなく、むしろ歩くには良いことなのですが、その軽さもダメでした。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。