REGAL(リーガル)の革靴を購入したので「革靴のお手入れ方法」を備忘録
”2015年2月16日”

越石です。

財布も靴も本革は日頃のお手入れがとても大切。汚れ落としや栄養補給等でより長持ちします。

はい、そういうわけでREGAL(リーガル)でいつもよりちょっとだけ良い革靴を購入したので「革靴のお手入れ方法」をリーガルさんのHPなんかを参考に備忘録としてまとめてみました。

革靴の基本のお手入れ

1.ブラシで汚れ落とし

シワや縫い目等の細かい場所を念入りに全体をしっかりブラッシング。

2.クリーナーを塗って汚れを拭き取る

汚れや古い靴墨をクリーナーを使って落とします。まずはクリーナーを布などにとって、薄く伸ばすように全体に塗ります。直接靴に塗ったり、多量に塗ると、シミなどの原因になるので注意。
塗り終えたら綺麗な布などで汚れを拭き取ります。

【参考商品】
M.モゥブレィ ステイン・リムーバー(Stain Remover)

3.乳化性の靴クリームを塗る

クリームには、革靴に栄養を与える「乳化性の靴クリーム」と防水効果や艶出しの為の「油性のワックス(ポリッシュ)」がありますが、乳化性の靴クリームは革に潤いを与え、ひび割れを防ぎ、さらに磨けば美しい光沢も出ます。

【参考商品】

M.モゥブレィ シュークリーム(Shoe Cream)

4.磨く

まずブラシでブラッシングし、余計なクリームを落とします。そして布で磨きます。

5.さらに光沢を出す

油性のワックス(ポリッシュ)を使用し、光沢を出したい部分に薄く広げます。水を一滴落として、ゆっくり磨くと、より美しい光沢が出ます。

【参考商品】
キィウイ シュー・ポリッシュ(Shoe Polish)

6.仕上げ磨き

最後に全体を丹念に磨きます。その際ストッキング等で磨くとよりいっそう光沢が増します。

7.シューキーパーを入れて保管

シューキーパーを入れて靴を休ませることで、型崩れを防いで靴を長持ちさせます。

 

革靴のお手入れ頻度は?

上記のクリーナーやクリームを使用したお手入れは最低でも月1回、出来れば10日間(10回)履いたらを目安に行うのが良さそう。日々のお手入れはブラッシングを。

 

1日革靴を履いたら、最低1日は靴を休ませる

毎日同じ靴を履き続けると、汗や汚れが蓄積し革が傷んでしまいます。2足以上用意してローテーションすることで長持ちさせることが出来ます。時計と一緒ですね。

 

その他注意点

1.サイズのあった靴を選ぶ

靴のサイズがあっていないと、変なシワが入ったり、足を痛めてしまいます。

2.シューキーパーを使用する

型崩れの防止やシワを伸ばす効果があり、靴が長持ちします。

3.靴べらを使用して靴を履く

靴べらを使用しないで履くと、靴のかかとを痛めてしまいます。

 

私が今後用意するもの・・・(持ってないもの)

  • シューキーパー(買いました)
  • ・ブラシ(現状は財布用のブラシを併用→馬毛のブラシを買いました)
  • ・クリーナー
  • ・クリーム
  • ・靴べら(実はこれまで使ってませんでした・・・)

今月は靴代でお小遣いが飛んだので来月揃えよう。

そもそも革靴購入のきっかけは、お気に入りの一足に穴が空いてしまったためですが、さらに準レギュラーのもう一足にも穴が・・・。悪いことは重なるものです(これから履く機会も増えると一生懸命磨いてたらストレートチップの縫い目部分に穴が空いちゃいました)。

まずはローテーションする靴をどうしよう。コートにスーツに靴に重ならなければ・・・。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。