新品の革靴を下ろす前の手入れを実行!
”2015年5月5日”

越石です。

そういうわけで前回の記事の通り、新品のジャランスリワヤのストレートチップを購入したのですが、今回はより革靴を永く履けるよう下ろす前の新品の革靴の手入れを実行してみます。

新品の革靴の手入れの目的

それは保革(栄養補給)です。店舗で展示されていた革靴はもちろん、ストックされている革靴も水分や油分は抜けていくそうです。そんなカサカサの状態で履き始めると靴へのダメージが大きく、ヒビ割れの原因にもなります。革靴を永く履くためにも最初のお手入れは大切です。
今回手に入れたジャランスリワヤの革靴はアウトレット品で、且つ店頭に展示されていたものですので、しっかりお手入れします。

デリケートクリームを持ってないので、普通の靴クリームで代用

ジャランスリワヤ ストレートチップ(98696)手入れ後 正面

本当はロウ分の少ないデリケートクリームが良いらしいのですが、あいにく持っていないので、普通の靴クリームで代用しました。コロンブスのブートブラックです。

ジャランスリワヤ ストレートチップ(98696)手入れ後 斜め横

薄めを意識して靴クリームを塗布し、ブラッシングして軽くストッキングで磨きました。
もともと艶がなかったわけではないのですが一段と輝きが増してます。やっぱいい靴だ。

ジャランスリワヤ ストレートチップ(98696)つま先アップ

つま先は軽くポリッシュでハイシャイン仕上げにしました。これは保革ではなくお化粧です。ハイシャインした部分とそうでない部分の艶の違いがよくわかります。これ、やってみたかったんです。

ジャランスリワヤ ストレートチップ(98696)手入れ後 俯瞰

そんなわけでピカピカの革靴。履くのが楽しみです。

ブートブラック 靴クリーム ブラック BOOT-BL

価格:1,080円
(2015/5/1 14:41時点)
感想(34件)

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。