山本弘「アリスへの決別」読了。
”2012年11月4日”

越石です。

山本弘の「アリスへの決別」読了しました。

一応SFの短篇集なのですが、どっかの書評にもありましたが、ロリコンを無理やり擁護するような話など少し設定が無理やりで主張が傾いており、「?」となるような話も数話ありました。
後半の数話はSF的にまぁまぁでしたが、正直まぁまぁです。「神は沈黙せず」や「アイの物語」「MM9」のようなハードSFには及びませんでした。

まぁでも読みやすいのは確かで、次は「去年はいい年になるだろう」を買ってみようと思います。
すでに購入済の神林長平の「言壺」を読み終わったら。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。