土岐麻子「sings the stories of 6 girls」ちょっと前にCD買った。
”2012年8月28日”

越石です。

ちょっと前に買ったCDで土岐麻子さんの「sings the stories of 6 girls」です。

シングル「Gift ~あなたはマドンナ~」「Mr.Summertime」を含む6曲入りのミニアルバムです。

あらためて土岐麻子さん大好きです。
声、歌い方(特に語尾をスパっと切るとことか)、あとはコーラスワーク!ひたすら気持ちいいコーラスワーク。
作家陣もいいですね。中でも川口大輔さんは作曲家としてはもちろんアレンジャーとして超一流です。ひたすらオシャレです。抱いてください。

そういうわけで、1曲目から川口大輔さん作曲・編曲の「HIBIKI」。やっぱりキャッチーなメロディーの佳曲です。

2曲目は「Gift ~あなたはマドンナ~」。資生堂のCMで有名です。シングルも持ってますが、アルバムでは作曲のEPOさんとのデュエットになっております。アレンジもシングル盤と違います。ちなみにシングル盤ではノーナ・リーヴスのドラマー小松シゲルさんが叩いてますが、アルバムでは打ち込みになってます。

3曲目はまたまたEPOさん作曲の「悲しくて笑った」。アレンジは川口大輔さんで、ブラシを使用したスウィングしたドラムで「How Beautiful」を彷彿とさせます。

4曲目はなぜかiTunesに追加しておらず、5曲目の「Mr.Summertime」。もちろんアレンジは川口大輔さん。これはシングル盤と変わらず。この曲はサビのコーラスワークを聴かせたいがための曲かも。でもBメロの男性コーラスの「ホッ」が最高!おそらくクレジット的に川口大輔さん?エンディングでは土岐麻子のコーラスワークが堪能出来ます。

6曲目は川口大輔さん作曲・編曲の「NEW YEAR, NEW DAY」。打ち込みのリズムに無機質に8分を刻んだエレピがかわいい1曲。

そして5曲目と6曲目はノーナ・リーヴスでもおなじみの大神田智彦さんがベース!ねちっこいフレーズが最高です。土岐麻子さんの名曲「smilin’」では日本一ねちっこいファンキーなベースを弾いてます。

そんな感じで名曲揃いのアルバムです。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。