卒煙(禁煙)して222日が経過しました。
”2015年4月22日”

越石です。

そういえば、禁煙もとい卒煙して222日が経過してました。
なんとなく卒煙して何日経ったんだろうと確認したら、たまたま222日というゾロ目の気持ちの良い日数でした。

222日は何ヶ月?

さらに222日って何ヶ月だろうと思い、計算も面倒なのでググろうと検索窓に「222日」と入れてみると、キーワード候補に「禁煙 222日」と出てきます。これは何だと思い検索結果を見てみると「禁煙222日記念」的なブログがたくさん。ゾロ目だからだろうか。実際私も禁煙222日記念として書いているわけだが・・・笑。

ちなみにGoogleで「222日 何ヶ月」と検索すると「7ヶ月」ですよと教えてくれました。

喫煙ルームがVIPルームに見えます

では、「222日経過してどうなのか?」「タバコ吸いたいのか?」と言えば特に吸いたいわけじゃありませんが、もし吸ってもいいなら吸いたいです。娯楽として。私には喫煙ルームがVIPルームに見えます。タバコに対し制限を受けない選ばれし者達です。正直羨ましいです。今や臭いのは嫌ですけど。

出費と体重は明らかに増えました

タバコ辞めたらタバコ代が浮くからお小遣い余裕でしょなんて言われてましたが、むしろ出費は増えてます。

  • ・ガム:1日1個→1日3個
  • ・コーヒー:1日1杯→1日3杯
  • ・お菓子:1日0個→1日1個

計算したら大体吸ってる時より、月にして6000円くらい出費が増えてます。これは辛い。やっぱ260円のタバコ代はガムやお菓子に比べお金の面では正義でした。

じゃあ、卒煙辞めるのか?

と言えば卒煙は続けます。「科学的にタバコは健康にまったく影響がありません」という研究発表でも出ない限り吸わないだろうと思います。別に私が健康に気を使っているわけではないんですが・・・。

とはいえ、禁煙外来及びチャンピックスはすごかった

なんかネガティブな事書きましたが、卒煙222日(7ヶ月)は新記録です。過去の最高記録は2ヶ月です。卒煙継続にあたって何も努力してません。ただ単にニコチン禁断症状がなかったからだと思います。そういう意味で禁煙外来とチャンピックスはすごく効果が高かったと考えております。受診して良かったです。

ですので、本当にタバコを辞めたい人にはおすすめです。

それではまた「卒煙1年記念」に記事が書けますように。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。