円城塔の「Self-Reference ENGINE」読了。
”2012年9月25日”

越石です。

円城塔の「Self-Reference ENGINE」読了しました。

難しかった・・・でも所々に散りばめられたハードSFのポイントが面白かった。
でも全編ハチャメチャで正直あまり理解出来てないのではないかと思う。

おそらくこれは小説で、それがSFなのだと勝手に理解しました。
量子力学とかの「観測者がうんぬん」だと勝手に理解しました。
あと山本弘の「シュレディンガーのチョコパフェ」の中の一遍「メデューサの呪文」的なものと勝手に理解しました。
言葉、そして小説を書く行為ってほんとにSF。ハードSF。

間違いなく言えることは、これが初めての円城塔でしたが、僕の部屋の本棚にはこれから円城塔が増えるということ。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。