【悲報】これだけ靴を持ってるのに一番基本の内羽根ストレートチップを持ってない件
”2016年2月7日”

越石です。

「革靴」をネットで調べると、当たり前ですけど革靴に関するサイトがいっぱい出てきます。そして多くのサイトがまずは基本の「内羽根の黒のストレートチップ」を購入することを推奨してたりします。

そう、黒のストレートチップは就活から冠婚葬祭まで、なんでもござれの「最もフォーマルな革靴」なのです。

そんな黒のストレートチップですが私持っていません。この一年で20足くらい靴を買いましたけど持っていません。(※外羽根のストレートチップは持ってます)

理由としては単純で、持ってなくても大丈夫だからです。

仕事柄、客先に提案に行ったり、報告に行ったりすることが多いので月の半分くらいはスーツなのですが、仮に大事なプレゼンであったとしても黒のストレートチップじゃなくても大丈夫です。誰も何も思っていないでしょう。

もう一つ理由があって、オーソドックスなタイプ過ぎて少し地味だからというのもあります。

でも、これだけ靴が揃ってくるとさすがにそろそろ内羽根のストレートチップが欲しくなってきます。そしてオーソドックスなデザインだからこそ候補がたくさんあるのです。

ストレートチップ購入候補

第一候補:クロケット&ジョーンズのRADSTOCK(ダイナイトソール)

一番基本のストレートチップだからこそ、少し奮発した良い靴をなんて考えてます。もちろん英国靴でオーソドックスなデザインを選びたい。そしたら(予算的にも)自ずとクロケット&ジョーンズが筆頭に挙がってきました。

クロケット&ジョーンズのストレートチップと言えば「オードリー」が有名だと思いますが、個人的に少しスクエアなトゥが好みじゃありません。

そこでラウンドトゥで良さそうなのが上の「RADSTOCK」。しかもダイナイトソール。お値段は8万程度。やっぱり高い。しかし靴を2〜3足我慢すれば買えるはずです。

⇒クロケット&ジョーンズのRADSTOCK買っちゃいました

第二候補:ロイドフットウェアのVシリーズのストレートチップ

ストレートチップ/ダイナイトソール(黒)

価格:33,480円
(2016/2/6 23:53時点)
感想(24件)

そして次は当サイトではおなじみロイドフットウェアのVシリーズです。
すでにこのシリーズは5足持っているのでクオリティやデザインの良さ、そして自分の足に合っているという安心感があります。しかも3万円と安い。
少し懸念点があるとすれば「こないだ買ったばかりなのにまた買うの?」と店員さんに思われそうなところです。

でもロイドフットウェアのVシリーズなら間違いないんだよなぁ。

マスターロイドのホワイトホールも気になりますが革底(レザーソール)なのが・・・。

第三候補:シェットランドフォックスのコベントリーシリーズのストレートチップ

シェットランドフォックスも好きなんです。日本製で質も高く安心感もあります。
このコベントリーシリーズはラウンドトゥのオーソドックスなデザインでしかもダイナイトソール仕様なんです。

今、迷っているのはこんなところでしょうか。さてどうしようか。お金貯められるかな。我慢出来るかな。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。