【つり革バトル】人の腕時計が気になります。
”2014年4月22日”

越石です。

通勤中の電車内、人の腕時計が気になります。いわゆる「つり革バトル」です。
そして会社のミーティング中や、客先での打ち合わせの場なども、人の腕時計が気になります。いわゆる「MTGバトル」です。ミーティングもそっちのけで腕時計ばかり観察し、見えない戦いに励んでおります。そう、毎日が戦場です。
しかし、趣味のいい時計を見つけると「ああ、この人は時計が好きなんだな」と幸せな気持ちにもなります。戦場における数少ない安らぎのひと時です。

戦場、すなわち電車内

戦場でやはり多いのはロレックス、次いでオメガ、たま~にタグホイヤーって感じです。
ロレックス、オメガが多く目につくのは、オーソドックスで有名なモデルが多く判別しやすいのが一因だと考えらます。我らがタグホイヤー勢では個性的なスクエア型で他を圧倒する愛機モナコや、特徴的なブレスのリンクなどは比較的見つけやすいモデルとなります。孤独な戦場において仲間の存在は重要です。
雲上時計にはなかなか出会えません。(会っても意外と気づいていない可能性もありますが。)

うちの会社は本社ビルだけで数千人くらいは働いていると思いますが、今だにブライトリングのクロノマットやアベンジャー系のギラギラポリッシュには遭遇したことがありません。やはり戦場(ビジネスシーン)には目立ち過ぎるからだろうか。出る時計は打たれるなんて言いますし。ナビタイマーは1人確認したのでロックオン済です。
やはり社内でも圧倒的にロレックス勢、オメガ勢が目立ちます。

そういえば、一度客先でタグホイヤーのモナコが先方の担当者と被ったことがあり、帰り際に時計の話題になったのは微笑ましい想い出。絶対いい人。そして前からセンスのいい人だと思ってました。
電車でモナコに出会った時は、さりげなく熱烈なアイコンタクトを送りましたが届きませんでした。いや、不審者だと思われ気づかない振りをしていたのかもしれません。仲間ですよ。

タグホイヤーのアクアレーサーには今のところ遭遇したことがないので、これから必死に探してひっそりと猛烈な「僕達は仲間だよ」的アイコンタクトを送ろうと考えてます。

ちなみに今期からの新しい課長はタグホイヤーのカレラでした。

時計の趣味は合いそうです。

 

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。