ロイドフットウェアのプレーントゥ(Vシリーズ)をスーツに合わせた結果
”2015年9月29日”

越石です。

そういうわけで、先日購入したロイドフットウェアのプレーントゥにスーツを合わせてみました。

ロイドフットウェア プレーントゥ×スーツ

ロイドフットウェア プレーントゥ(黒)&スーツ(ネイビー)

ほらね?
やっぱりね?

プレーントゥはやっぱりスーツにも合う!
まぁこれが合わなかったら何が合うんだって話なんですけどね。

売ってしまったジャランスリワヤのプレーントゥと比較

ロイドフットウェア プレーントゥ&ジャランスリワヤ プレーントゥ比較

右がジャランスリワヤのプレーントゥで左がロイドフットウェアのプレーントゥ。

ジャランスリワヤのほうも重厚で良いのですが、ロイドフットウェアのほうが若干ノーズが長く細身でスタイリッシュであるためスーツにはより合っているように感じます。
あと、ジャランスリワヤはサイズが少し小さいため売ってしまったわけですが、あらためて比較してみると羽根の開き具合が全然違うのが分かります。

ガラス加工と普通のカーフ

また、ジャランスリワヤがガラス加工の革で全体がピカピカに光っているのに対し、ロイドフットウェアのほうは自然な艶。つま先のみに施してあるポリッシュ(鏡面仕上げ)が一段と映えます。

そんなわけでロイドフットウェアのプレーントゥとスーツでした。

ロイドフットウェアの購入はこちら

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。