ロイドフットウェアの靴を購入すると箱に入っているパンフレット
”2015年9月24日”

越石です。

ロイドフットウェアで靴を購入した際、箱に2枚のパンフレットが入っておりました。

今回はそのうちの一枚のパンフレットの内容を紹介。ロイドフットウェアのこだわりや考え方、お手入れ方法、修理についてよく分かります。

ロイドフットウェアのパンフレット

ロイドフットウェアのパンフレット

この度はロイドフットウェアの靴をお買い上げいただき誠にありがとうございます。
ロイドフットウェアの靴を末永くご愛用いただく為に、ぜひこのパンフレットをご一読ください。

●MADE IN ENGLAND
ロイドフットウェアは、すべて英国ノーザンプトンの熟練した靴職人の手で一足、一足丹念につくられています。
元となる木型はロイド オリジナルの最も日本人の足型にフィットするものを使用しています。
伝統ある英国靴をオーダーメイド感覚でお履きいただける一足です。

●MADE BY GOODYEAR WELTED METHOD
ロイドフットウェアは全てグッドイヤーウエルテッド製法で作られています。200を越える工程によりフィット感と耐久性を高次元で両立させた最高の製靴技術です。インソール(中底)とウエルトのすくい縫いにより、履き込むうちにインソールが沈み、トゥスプリング(ソールのまねき)が調節され、アッパー(甲革)のなじみにより、ご自分の足型にフィットした素晴らしい履き心地と耐久性をもたらしてくれます。また、アッパーのお手入れさえ十分していただければ、ソールの張替は何度でも可能です。靴の製法のなかでも、最も手間とコストの掛かる製法ですが、英国靴の本当の良さを知っていただく為にも、当社の靴は全てこの製法を採用しています。

●お履きになる前に
工場から出荷され、今お客様のお手元にある靴は、少々乾燥気味になっております。まず革に潤いを与える為にも、お履きになる前には乳化性クリーム(当社ではモゥブレィ社製のものをお勧めしております)を塗ることをお勧めします。栄養分を与える事によって革はいつまでも、そのしなやかさを失いません。
通常でしたら3ー4回お履きになったら1回の目安でクリームを塗ってください。

●滑りにご注意ください
人間の足は一日に多量の汗をかきます。革底は通気性と耐久性が両立された最高の底材でいまだにこれ以上のものはありません。新品時の革底は表面仕上げ(コーティング)がされておりますので、おろしたての靴は路面状況にもよりますが、滑る場合もありますので充分お気を付けください。
ソールにクリーム等を塗る事は特に必要なく、滑りの原因にもなります。保革、防水等のためにどうしても必要な場合のみ、専用のものを用意しています。通常、革底の表面が歩くことによって削れ、滑りにくくなるのが、革底の特徴です。どうしても、気になる場合は、革底を荒らして滑りにくくする加工を当社で無料でやっています。
また、ラバーソールへの交換も可能です。お気軽にご相談ください。

●修理もおまかせください
履き始めはトウスプリング(ソールのまねき)が充分ではない為、どうしてもつま先を引きずり、減りやすくなります。
靴底の修理はオールソール(靴底全体の張り替え)だけではありません。つま先の補修だけでも、ヒール(かかと)の交換だけでも承っております。またステッチが切れたり、踵の内側がこすれてやぶれてしまったり、シューソックスの汚れ、ズレなどちょっとした事も修理は可能です。その他お買い上げいただいた靴がどうしても足に合わず、部分的にあたるというような場合には無料で何度でもストレッチをいたしております。
どんな事でも気になる点がございましたら、遠慮無くお気軽に当社スタッフにご相談ください。

私達の靴が、あなたにとってかけがいのない1足になることが私達の願いです。

以上、一字一句そのまま記載しました。
最後の言葉が素敵ですね。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。