マスターロイドのクォーターブローグ「WELHAM」を履いてみました
”2016年4月19日”

越石です。

本日は晴天です。

そんなわけで先日購入したロイドフットウェアのマスターロイドでクォーターブローグのWELHAMを履いてみました。

マスターロイドのクォーターブローグ「WELHAM」×ネイビースーツ

マスターロイド(クォーターブローグ・WELHAM)とスーツコーデ

そりゃそうですよ。
スーツと合わないわけがないじゃないですか。

ストレートチップの次にフォーマルだと言われるクォーターブローグ(パンチドキャップ)でさらに黒と来ればスーツとの相性はバッチリチリ足です。

いいわぁ~すごくいいわぁ~。

マスターロイドの履き皺

マスターロイド(クォーターブローグ・WELHAM)とスーツコーデアップ

自宅から会社まで歩いた状態ですが、よく見ると右のキャップのワックスが少し割れています。おそらく履き始めで返りが悪いためキャップにも足を曲げた時の影響が及んでしまっているんだと思われます。履き込むことで解消されるだろうか。家帰ったらとりあえず磨き直そ。

マスターロイドの履き心地は?

マスターロイド下ろしたてのファーストインプレッションですが、思ったよりタイトフィットでした。試着時よりタイトに感じます。全体的に締め付けられているような感じです。思わず歩いている途中で紐を少し緩めました。これについては履き込むことでインソールが沈み解消されるはずなので問題ありません。むしろ履き始めが少しでも緩いと逆に不安を感じる今日このごろです。

実は初めての革底(レザーソール)

これはまた別の記事にしたいと思います。
ここでは意外と滑らないとだけ。

そんなわけで今日はマスターロイドを履いて1日ウキウキなわけです。

ロイドフットウェアの通販はこちら

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。