【SCOTCH GRAIN 中古】スコッチグレイン4229を中古で手に入れたった!!!
”2015年3月29日”

越石です。

連日でやってしまいました・・・。
また中古で革靴を購入してしまいました・・・。
ブラっと行ったトレジャーファクトリーで。

手に入れたのはSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)Uチップ シャインオアレイン 4229BL

品番 4229
名称 シャインオアレイン 4Eワイズ
ブラック
ワイズ EEEE
製法 グッドイヤーウェルト製法
甲革 国産撥水カーフ
中底 牛革
表底 グリッパーテクノソール
価格 ¥30,240(税込)

スコッチグレイン4229はシャインオアレインシリーズという撥水加工された甲革(国産撥水カーフ)を使用した雨に強い革靴のようです。もちろん製法はグッドイヤーウェルト。デザインはまたまたUチップ。Uチップばかり3足目です・・。

サイズは25.5cm

サイズは25.5cmと普段の26.5cmより小さめですが全然余裕で履けました。もしかして普段が大き過ぎるのか?いやいや、リーガルの06CRは26.5cmでキツキツだし・・・。そもそもスコッチグレインは大きめとも聞くし。または中古なので革が伸びているのだろか?とにかく余裕で履けます。むしろピッタリです。

 

【靴磨き】早速、帰って磨いてみました

Before:ビフォー

【ビフォー】スコッチグレイン4229

やはり、つま先のキズや汚れが目立ちます。艶もありません。履き皺が思ったより深いですがこれは直らないでしょう・・・(追記:シューキーパー入れたら気にならない程度になりました。あと私の足の甲がかなり高いので皺が出にくいのも幸いしているようです。)
→スコッチグレインのシューキーパーを入れた結果はこちら

 

After:アフター

SCOTCHGRAIN(スコッチグレイン)4229

SCOTCHGRAIN(スコッチグレイン)4229-2

スコッチグレイン4229かかと

いや〜〜〜いいっすね~。
艶々っすね〜〜〜。
黒のシュークリーム(モゥブレイ)を入れたことで色が濃くなり引き締まってます。

先日のリーガルの中古の靴もそうでしたが、革がすごく柔らかいです。逆に不安になるくらい柔らかいです。新品時は固かったのだろうか。そんな疑問が湧きます。

羽根(紐通し)部分の色抜けの補修

Before:ビフォー

【ビフォー】スコッチグレイン4229_2

羽根の縁は紐で擦れる部分のため、色が抜けて白くなっております。

 

After:アフター

【アフター】スコッチグレイン4229_2

黒色のシュークリームを塗布して磨きます。うん、しっかり色が入ってます。

 

ちなみに中古スコッチグレインの気になるお値段は・・・?

なんと3,000円!!!

定価30,000円の靴が10分の1の値段の3,000円。他にも同じくスコッチグレインのUチップ(4019)があったのですが、つま先のソール部分が擦り減って割れているのに5,800円。これ、絶対3,000円の4229のほうがお得でしょ。お会計の際、「すみません、値段間違ってました」って店員さんに言われないかドキドキしましたw

 

革靴、全員集合!

革靴達

 

ずっと欲しかったスコッチグレイン。結局初めてのスコッチグレインは中古になってしまいましたが・・・いつか新品も買います。

とりあえず明日はスコッチグレインを履いて行こう!

 

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。