スガシカオ「TIME」
”2012年10月7日”

越石です。

曲作ったり、仕事忙しかったりで更新止まってました。
そういうわけで曲は一段落ついたので久しぶりに更新。

スガシカオの「TIME」です。

まずはじめに、よく自分の曲がスガシカオさんに似てると言われるのですが

「スガシカオが僕に似てる」のです。

半分嘘です。
めちゃくちゃ影響受けてます。

ただ、初めてスガシカオを聴いた感想は「あぁ、やりたかった音楽だ」「目指してる音楽だ」でした。
おそらく音楽のルーツが近いものがあるのではないかと思ってます。
メジャーなところでは、岡村靖幸、プリンス、スライザ・ファミリーストーンでしょうか。すでに岡村靖幸、プリンスが僕とかぶってます。

そして、おそらく井上陽水に大きく影響を受けているのではないかと思います。
井上陽水といえば、時代によって音楽性や歌い方が変わっていますが、初期のフォークから「二色の独楽」の”夕立”や、”氷の世界”のファンキーな曲、そして「9.5カラット」あたりまでの曲の影響をスガシカオの音楽から随所に感じます。

何を隠そう僕も初めて買ったCDが井上陽水という、当時小学生としてはマニアックなチョイス。完全に父親の影響です。
その中でも先ほど出た「二色の独楽」。このアルバムがすごい!ファンキーです。夕立のイントロのギターなんかカッコよすぎます。他にも捨て曲なしの名盤中の名盤です。一家に一枚必須です。

話がそれましたが、そういうわけでスガシカオと僕は目指している音楽が同じなのだと勝手に思っております。なので似ているのです。いや、めっちゃ影響受けてますけど。

さて「TIME」ですが、「光の川」「クライマックス」などのシングルを含むアルバムです。
「クライマックス」のベースはminiMoogでしょうか。フレーズ、ウニウニした音色が最高です。
ベースを弾いている森俊之さんはスガシカオとセットというくらいスガシカオサウンドを作り出してますね。森さんが弾くウーリッツァーの音色、フレーズ最高です。

さて全体的な評価として、良くいえば安定してますが若干マンネリ感も否めない・・・
スガシカオはあまり曲調は変えずひたすらファンクを追求してますが、好きな音楽だけを作るのも難しいのですね。

とはいえ、ある時期からアレンジが変わり、それからあまり聴いてないという・・・ほんとにリスナーはわがままです。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。