先日購入したジャランスリワヤのロングウイングチップはアンティーク加工疑惑
”2015年6月22日”

越石です。

そういうわけで、右足の甲に変な皺が入り、すぐ色抜けもする「ジャランスリワヤのロングウイングチップ」ですが、アンティーク加工ではないかとの疑いが出てきました。確かにヤフオクの落札画面で説明文をあらためて確認してみると「アンティークブラウン」とあります。しかし公式な証拠は掴めません。

とは言え、グダグダ言っていても精神衛生上よろしくないので、こういう革だと思いガンガン履きこむことにしました。そしたら皺の表情も馴染んでくるかもしれません。

休日もガンガン履きこむ

ジャランスリワヤ_ロングウイングチップ(98652)&チノパン

チノパンに合わせてみました。すっごい合ってます。つま先がピカピカツヤツヤなんで甲の皺はそんなに気になりません。たぶん気にしてるのはこの世で自分だけです。色も日光の下では少し赤っぽい感じがグッドです。少しバーガンディっぽい感じもします。

ジャランスリワヤ_ロングウイングチップ(98652)&ジーンズ

ジーンズとも合わせてみました。すこぶる良いです。何よりデザイン(形)がすっごく良いです。そしてダークブラウンはやはり合わせやすい色です。

ジャランスリワヤ_ロングウイングチップ(98652)20150622_1

そんな感じでガンガン履いて、ガシガシ磨いてみます。

⇒ジャランスリワヤの購入はこちら

 

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。