コーネリアス「Point」
”2012年9月2日”

越石です。

コーネリアス( Cornelius)のアルバム「Point」です。
コーネリアス大好きです。その点については、おそらく明日に。

早速ですが、2曲目の「Point Of View Point」表題曲でしょうか。
アルバム通して音数は極端に少なく、この曲もアコースティックギターから始まり、生々しい音ですが、かなり編集されたドラムと、ロングトーンの多重録音されたボーカルとシンセベースのみの編成。
そしてこの編集されたドラムがかっこいい。アルバム全てのドラムを小山田圭吾自身が叩いているそうなのですが、生々しい音と編集によるフレーズ作りがものすごくかっこいい。

3曲目「Smoke」。こちらはエレキギター。同様にシンプルな編成で、隙間が気持ちいい。ベースもスラップしててかっこいい。

そして4曲目「Drop」。アルバム中、一番好きな曲です。こちらはアコースティックギターがメイン。曲を通して水しぶきの音が入ってます。またまたロングトーンの多重録音によるボーカル。これもこのアルバムの特徴ですが普通のメロディーはあまりないです。雑誌のインタビューによるとチューナー片手にロングトーンの重ね撮りをしたそうです。雰囲気はちょっとアニメの「アキラ」の音楽を思い出します。しかしギターとベースとドラムの絡みがかっこよすぎる。

7曲目「Bird Watching At Inner Forest」。曲名から想像出来るとおり鳥の鳴き声がずっと聴こえます。こちらもアコースティックギターで静かにシンプルなフレーズを繰り返し、途中リズムが加わり一気に盛り上がります。盛り上がるといってもそこはシンプルに。本当にリズムがかっこいい。やばい。

そういうわけで、非常に特殊な楽曲が集まったコンセプトアルバムのようなアルバムです。メロディーの良さというよりは、空気、隙間、リズムが素晴らしいアルバムです。
シンプルなんですが、その音に、隙間が、癖になります。聴いて口ずさむというよりは空気に身をゆだねる系の音楽でしょうか。インストメンタルのような感覚でいつも聴いてます。
僕はインストメンタルはそこまで好きではないのですが。このアルバムは非常に心地良いです。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。