クロケット&ジョーンズのKENSINGTON(ケンジントン)を履いた結果
”2016年5月23日”

越石です。

そういうわけで、先日購入したばかりのクロケット&ジョーンズのUチップ「KENSINGTON(ケンジントン)」を履いて本日は出勤です。

もう、レザーソールでもガンガン履いて行きますよ。

クロケット&ジョーンズ KENSINGTON×ネイビーのスーツ

クロケット&ジョーンズ KENSINGTON(ケンジントン)とスーツコーディネート

うん、スーツにも合います。バッチリチリ足です。

そもそもスーツにUチップを合わせること自体に賛否があるようですが、私は本日「半袖シャツ」です。そもそもクールビズに乗じて半袖シャツを恥ずかしげもなく着るという紳士からは程遠い存在なのです。だって暑くて汗だくになりたくないですからね。また汗だくのおっさんをクライアントも見たくないと信じてます。ですのでUチップをスーツに合わせることなんて微塵も気にしていません。

サイズと履き心地

クロケット&ジョーンズ KENSINGTON(ケンジントン)とスーツコーディネート 足元アップ

サイズもいい感じです。
今回は普段と比べてハーフサイズ大きい「8E」になりますが、甲の高さも問題ないですし、踵も浮きません。むしろ適度にタイトです。ものすごくいい感じです。
ただレザーソールが他の靴に比べかなり滑ります。ハンドグレードとメインコレクションの底材の差とかでしょうか。基本滑り知らずなのでびっくりしてしまいます。

そんな感じのクロケット&ジョーンズ KENSINGTONのファーストインプレッションでした。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。