えげつない物欲〜財布が欲しい。
”2014年7月26日”

越石です。

新しい財布が欲しい。

給料も少し増えたし、ボーナスも少し増えたし、新しい財布が欲しい。

相変わらず、物欲の塊です。
えげつない物欲です。

現在使用しているのはオロビアンコの長財布

現在使用している財布は、バッグとお揃いで、オロビアンコのラウンドファスナーの長財布。色は黒。

【オロビアンコ】ラウンドファスナー長財布

素材はたしか合皮で、ぶっちゃけビニールっぽい。でもラウンドファスナータイプの長財布は、容量も多く、札や小銭の出し入れもし易く、とても使い勝手が良い。

だがしかし購入してまだ2年ほどですが、写真でも分かるかと思いますが、ファスナーの布の部分が毛羽立ってきた。こうなるともう新しい財布の事を考えてしまう。

購入候補

さて、新しく財布を買うなら何がいいか?ブランドは?形は?値段は?

まずはフラッと近くの丸井で財布を物色すると、ポールスミスの財布が。
値段も比較的手頃で、デザインもシンプルでオシャレです。
しかし、ネットなんかの情報を見ると、若者向け、それも大学生向けとのブランドイメージが。
38歳のおっさんには辛いのだろうか。

次にポーター。
若い頃に爆発的に流行っていた事もあり、ことファッションにおいてはミーハーな私は、これまでポーターのバッグや財布をいくつも使ってきました。
が、、、やっぱりというか案の定、ブランドの対象年齢層は中高生のイメージだとか。実は名刺入れは今もポーターなんですが。

【ポーター】名刺入れ

現在使用中のポーターの名刺入れ

本革の財布なんかだとシンプルでおっさんでも大丈夫そうですが、うーん。

ポーター革財布(ホフ)

昔使っていたポーターの革製長財布

後は形ですが、上記の通り、ラウンドファスナータイプは非常に使い勝手が良い。だが自ずと使用頻度が高くなるファスナーの耐久性が不安。
単純に折りたたみ式の財布にしようか悩みどころだ。

GANZO(ガンゾ)が良さげ

そんな感じで、セレクトショップやアウトレットなんかもいくつか覗いてみますが、なかなかこれと言った財布がありません。

そこでさらにネットや雑誌で財布を調べてみると、どうやらGANZO(ガンゾ)や万双などの日本製の革製品ブランドが良さそうだ。さっそくホームページで確認してみますが、GANZO(ガンゾ)が質に関してはもちろん、デザイン的にもすごく良さげだ。そして何より名前が良い。「GANZO」。なんだか強そうだ。星人なんかも倒せそうです。なぜだか黒い玉が頭に浮かびます。

値段はポールスミスやポーターに比べて若干高くなってしまうが、せっかく買い換えるのだから、質もデザインも良い物を購入し、次こそは5年、10年と長く使いたい。そして本革の財布で経年変化を楽しむのも悪くない。

そういうわけで、明日は表参道にあるGANZO(ガンゾ)本店に行ってみますか!

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。