【新型アクセラ】走行中「i-stop」が使えなくなった話
”2014年6月8日”

越石です。

昨日、食事に行こうと新型アクセラで出掛けたところ、「i-stop」の標示がオレンジ色に点滅し、その下には警告マークが。

インパネに表示される警告マーク・・・

i-stop警告表示

すぐにマツダコネクトのウォーニング情報で確認すると、i-stopとi-ELOOPの2つの警告が出ており、説明には「しばらく経っても消えない場合は販売店へ」との表示。

マツダコネクト ウォーニング画面

とりあえずそのまま走行し食事も終え、しばらく走りましたが警告は消えません。
ちょうど、ディーラーの近くでしたので帰りに寄ると「点検装置が使用中で空いていないため、申し訳ないんですが明日来てください」とのことで翌日16時に点検を予約し一旦帰宅。

そして本日あらためて点検。
結果は原因不明とのこと。
i-ELOOP(減速エネルギー回生システム)が故障とのエラーが出ているようですが、チェック及び走行テストをしても異常はないとのことで、リセットしてとりあえずi-stopを復帰して様子見です。
でもこれって先日のリコールと似たような症状ですね。

そんなわけで、またi-stopが使えなくなったら嫌ですけど、特に走行にも影響はないので、再度警告が出たらディーラーに相談です。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。