【一戸建て購入】不動産営業マンになかなか思いが伝わらない~物欲の極み、家を買う~その2
”2015年1月22日”

越石です。

そんなわけで家を買うにあたり前回の記事では欲しい物件の条件について書きました。
そんな条件を満たす物件の探し方は大きく分けて2通りあると思います。

・街の不動産屋さんに直接行って話を聞く
・ネットで調べる

私の場合ネットを利用し、大手ポータルサイト(SUUMO、HOMES、at home等)でまずは調べました。

条件に合った物件を見つけたら内見したい

ネットで条件にあった物件を見つけたら、実際に物件を見たいわけです。
その場合、不動産屋さんに内見依頼や資料請求することになります。ここから不動産営業マンとの付き合いが始まるわけです。

不動産営業マンは何をしてくれるの?

営業マンはまず、

・他にも内見したい物件はないか?
・そもそも条件はどのようなものか?

を確認してきます。そこまでは良いのです。

ですが、なかなか条件が上手く伝わりません。正確には条件の優先順位が伝わりません。いや伝えられません。なんと伝えればいいのか難しいのです。だって後悔したくないから優先順位なんてそうそう付けられないですし。
ですので私が求めることは、プロの感覚から素人の出した条件を総合的に判断し「ははーん、こういうことですね」と私に対してドヤ顔で最適な物件の提案をして欲しいのです。

ですが実際は驚くことに、「SUUMOなんかに載ってる情報が全てなので、SUUMOにないならないです。SUUMOでよく探してみてください。何でも紹介しますよ!」って言った営業マンもいました・・・。

「違うでしょ!そもそも探し方から教えて欲しいのよ!」

「手元のレインズには、私が見つけられなかった物件があるんじゃないの!?」

「SUUMOやHOMESが全てじゃないでしょ!?」

※レインズとは、不動産屋さんだけが見れるという不動産データベース。一般人は見れないのだ。そしてそこには、この世の全ての販売可能な物件情報が登録されているらしい。ちなみにSUUMOなどのポータルサイトに登録されている物件は広告料を出して掲載しているもののみ。

即決は無理です・・・。

契約を急かすのは営業なのでしょうがないのはわかりますが・・・数千円の買い物で即決は無理です。石油王じゃないんです。少なくとも一週間ぐらいは考えたいです。一週間考えてる間に他の人や石油王が買っちゃっても、それはしょうがないです。縁がなかったと諦めます。
あとは、仮に買ってもいいかなって物件があったとしても、同条件でもっといい物件があるんじゃないかって不安になるのでもっと見たいんです。どれぐらい見れば納得するかなんて自分にもわかりませんけど、納得するまで見たいんです。そこで石油王と鉢合わせになってもしょうがないです。

そして営業マンは、「何を悩んでいるのか教えてくれれば、解決します!」なんて揃って言いますが、「何を悩んでいて、何が満たされれば不安がなくなるのかわからないんです」。むしろ教えて欲しいのです。

「不動産営業マンになかなか思いが伝わらない編」まとめ~結果的に・・・

結局、SUUMOやHOMESには載っていなかった物件をたまたま別の不動産サイトで見つけ、その不動産屋さんに内見をお願いし、その日の内に仮申込みというまさかの即決でした。
それまでお世話になった営業マンには非常に申し訳なかったのですが、結局物件でした。物件いっぱい見ないと不安だとか、そもそも何が不安なのかわからないとか色々言いましたが、条件に合う物件さえ紹介してもらえば即決もあったんです・・・。

どの業界の営業マンも同じでしょうが、結局はお客さんの要望をどれだけ理解し、刺さる提案が出来るかなんですね。そして良い商品は営業マンに関係なく売れてしまうんですね。

次回は、SUUMOやHOMESなんかの不動産ポータルサイトの個人的に使いやすかったランキングを。

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。